クリスマスリースを手作りしてみませんか?小さな人形を乗せたかわいいリース


こんにちは、かやです。

日一日と秋が深まってきましたね。11月になるとととんにクリスマスムードが漂い始めます。

我が家のリースもハロウィンバージョンからクリスマスバージョンへと衣替えです。

リースにのせるお人形の作り方のご質問を頂いたので今回作り方をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

◆ハロウィンからクリスマスに

うちのリースは秋の初めに作り、前回お人形を少し変えてハロウィンぽくしました。そして今回はクリスマスの赤いお洋服を着た子に変えてみます。

⬇︎

⬇︎

リースは何も変えていないので、もう少し手を加えた方がクリスマスっぽいですね。また進化したら報告します!

 

◆お人形の作り方動画

まずは動画をどうぞ

 

◆お人形の作り方の説明

どのお人形も作り方は同じで服の色や髪型を変えれば雰囲気が変わります。

 

肌色のニットに綿をくるんで小さなてるてる坊主を作ります。後でどんぐり帽子をかぶせるので帽子の入る大きさでね。

 

洋服の型紙を作って切り抜きます。

 

脇を縫って裏返し、穴を開けて首を通します。

 

服をめくって首の下にモールを巻いて腕を作って袖に通します。この辺は動画の方がわかりやすいです。

 

モールの残りを体に巻きつけて、その上に今度は足のモールを巻きつけます。

 

足を作ってフェルトでくるみます。

 

先は折り曲げて包みました。

 

小さなてるてる坊主を2つ作ります。手になります。

 

袖にボンドを入れてそこに手を差し込みます。

 

髪の毛を作ります。モヘア毛糸を20回ほど指に巻き、真ん中を縛りました。

 

端を切って広げて頭に貼ります。

 

どんぐり帽子も貼ります。ボンドでもグルーガンでもいいですが、グルーガンだとすぐ乾くのでやりやすい♪

 

髪を整えて

 

目口を刺繍したら完成!

目口は先にやった方がやりやすいのだけど、バランスを見て可愛くしたいので私は後でやることが多いです。髪の毛の奥とかに糸の端を隠しながら縫います。そうそうほっぺを赤くするのを忘れないでね!

 

後はお好みで木の実と一緒にくっつけます。

 

人形は足とリースをワイヤーで固定しています。木の実はグルーガン。グルーガンはカッコ悪いので見えないように。でも見えちゃったら木の実を貼って隠せばOK。

 

後ろ姿も可愛いでしょ♪

 

クリスマスの文字は、薄い板を切って、家にあった柿渋を塗り、乾いてから金たわしでこすってニスで滲み止めをし、そこに水性ペンキで書きました。古びていい感じになりました。

 

シックで可愛いリースの完成です!

 

◆BASE SHOPに出しました!

こちら 販売しています。

よろしければのぞいてみてください。

⬇︎写真をクリックするとのぞけます。

 

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.9.4

ももクロ人形(ももか・あーりん・れに・かなこ)作り方覚書

知り合いに熱烈なももクロファンがいます。頼まれてももクロ人形を作りました。 ももクロの名前だけは聞いたことがあったんですけど、何人グルー…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る