高校受験!11月からでも間に合う勉強法を探して実践中!偏差値10↑めざして

こんにちは、かやです。

うちには今、受験生が2人います。
高3の息子と中3の娘。

 

高校生の方がダイレクトに人生にかかわってくるので、本当は高3の息子の方を心配しないといけないのでしょうが
こちらは頑固で親の言うことは全く聞かず、本人にお任せ状態です。

どこも行くところなかったらどうするんだろうと心配ではありますが、今は見守るしかありません。

 

一方、問題は中3の娘!
これが本当にやる気の空回りばかりで、びっくりするくらい何にもしていなかったのです!
そして11月になっていきなり泣きついてきました。

 

おいおい、お母さんに言えば何でも何とかなると思うなよ!
なんですけど、でも頼られるとなんとかしてやりたいと思うのも親です。

 

いろいろ探して今からでも間に合う(かもしれない)勉強法を見つけてきました!

スポンサーリンク

◆いい高校に行きたい!

うちの娘はものすごく波のある性格です。
ってこれは私も同じで親子揃ってそうなんですが。

やる気スイッチが入るとピューン!と天まで登り、数日徹夜の勢いでやったかと思うと、あれよあれよとシューンと一気にしぼみます。

 

それどころかいつスイッチが入りいつ切れたのか、早すぎてわからぬ間に終わってしまうこともあります。

 

そんな娘ですから来年3月の受験がどういう結果になるのかぎりぎりまで見当が付きません。

思い起こせば3年生になったばかりの4月。
えー!あそこ行きたいの?!入るのめちゃめちゃ大変だぞー!
という学校を口にしました。

 

女子で授業や宿題はまじめにやっているので、さほど成績は悪くはありません。
それでも塾も行かず、学校以外の勉強を自ら頑張ってやっていたわけではないので成績はそれなりです。

娘が入りたいという高校は県トップレベルのA高校で、今の娘の力でははるかに及びません。

 

そして何より気持ちが違います。
田舎の中学でのんびり楽しくやっているので
倍率の高い受験を勝ち抜かないといけないなんて気持ちはさらさらないのです。

 

明るく「○○高校目指します!」なんて言ってますがどこまで分かって口にしているのやら、、、
そんな思いで眺めていました。

 

案の定それからもちっとも様子は変わらず、勉強量が極端に増えたようにも見えず、
美術部の課題やら趣味のイラストやらでなんだかんだと絵ばかり描いていました。

 

◆やる気の波が大きすぎ

そして夏の三者面談。娘と私と先生の3人で進路について話します。
この時も娘はA高校の名前を口にしました。
どうしても行きたいのだと。

 

いいんです。どこを目指してもいいんですが、1学期、娘の成績はちっとも伸びていません。
今のままでは全く無理です。

 

それで先生に相談に乗ってもらって計画を立てました。
苦手科目,苦手分野の克服の仕方
1日の時間の使い方
どんな教材を使うか
一緒に細かく計画を立てました。

 

この夏これを頑張って模試で常に〇〇〇点取れるようになれば、A高校も夢じゃないよ。
でもこの夏はすごく大事だから頑張れよ!

スポンサーリンク

 

実際に可能かどうかは別にして、先生っていうのはすごいですね。
めちゃめちゃ勇気づけるのが上手です!

励まされて、本人もやる気満々で、さっそくAmazonで必要な問題集を買って取り掛かることにしました。

 

でも娘の頑張りはどれくらい続いただろうか、、、
気付けば娘はスマホをのぞいたり絵ばかり描いています。

 

えー!あんた行きたいんじゃないの?頑張るんじゃなかったの?
と私は心の中で思います。でもあんまり言いません。

 

正直、どこでもいいのです。
どこを選んでも自分が行きたいところならそこでいいと思っています。

それに実はA高校は通うのがとても不便で地元の高校へ行ってくれた方が時間もお金もずっと楽なのです。
もちろんそんなことは娘には言いませんけど、、、

 

そんなに絵が好きなら絵の高校へ行けば!とも思いますが、それは違うのだそうです。
とにかくA高校に行きたいのだそう。

 

だったら、そこまで思うのならやることがあるんじゃないの?
時間はないんじゃないの?それでいいの?
何度か注意しましたけど、あまり娘には響かないようでした。

 

そんな夏休みを過ごし、9月10月もさほどの頑張りも見えず、案の定、模試の結果も右下がり。

 

私はもういいのかな、あきらめたのかなと思っていたのです。だから最近は注意することもしなくなっていました。
地元高校なら十分今のままで入れますから。

 

◆どうしても行きたい!

そうしたら先日です。もう11月になってます。
赤い顔で思い詰めた様子でいきなり話し始めました。

お母さん!ごめんなさい!
今さらだってわかってる
もう無理かもしれない
でもやっぱり行きたいの
A高校に行きたいの
応援してください、手伝ってください。

 

え~~~!
あんた私を神様とでも思ってるんかい!
手伝ってください!って塾の先生でもないし
お母さんに言えば何とかなるって思うのが甘いんだよ~!!!

 

って思うし、実際口にも出したんですけど
それでもこんなにまっすぐに頼られたら何とかしてやりたいと思うのが母親なんですよね。

それでとにかくできるとこまで頑張ろう、もう本当に時間はないよということで
一緒に勉強をすすめることにしました。

 

◆最後の頼みの綱

でも正直なところここから残り4か月をどう過ごせばいいのか、計画を立てれば可能性があるのか、全く分かりません。

もっと時間があればまじめにコツコツ王道のやり方で努力すればいいかなと思いますが、なんたって残り4か月ですから。
いまさらこの田舎で塾を探すのも難しいです。

 

それで翌日、私はある方にメールしました。
そこしかすがるところが無かったのです。

 

それは、、、

 

つづく

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.5.9

人形の髪の付け方◆制服を着た布のお人形完成しました!

お人形作りに時間がかかっています。あと髪の毛と顔だけだというのに、髪の毛にする素材を探しているうちにひと月近くたってしまいました。 田…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る