猫のいる家のお雛様どうしてますか?★ネコ対策と飾り場所


お雛様の季節ですね。うちにはまだ小学生の娘がいますし、歳はとっても私も女性、お雛様は飾りたいと思うのです。しかし、去年の秋に子猫がうちにやってきました。このやんちゃ盛りの猫を前に、今年のお雛様出そうかどうか迷い続けています。

スポンサーリンク


 

1.うちのお雛様

娘が1歳のとき、お雛様を買いました。家も狭いし、大きなお雛様に憧れもなかったので、小さくて可愛いお雛様を探していて見つけたのがこちら。これは10年近く昔の写真です。

image

こちらみかわ工房さんの寛永雛です。とっても素朴で、愛らしくて、手のひらにすぽりと治るサイズです。簡単に並べられますし、マンションのリビングに飾っても場所を取らず違和感がありません。

昔ながらの立派な7段飾りのお雛様を持っているママ友もたくさんいますが、ほとんどの人がその扱いに頭を悩ませているみたいです。

おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントしてもらったのはいいけれど、飾ったのは最初の数年間で今では大変で出してないとか、お内裏様とお雛様だけ飾とか、そんな話をききます。

それに子どもも大きくなり持ち物も増えてくると、飾りたくてもなかなかあの大きなお雛様を飾るスペースが取れないようです。

あの階段に毛氈を敷いた立派なお雛様は、昔ながらの畳のお部屋がたくさんある大きなお家のためにあるお飾りなのでしょうね。田舎に引っ越してきて、玄関だけでも暮らせそうな大きなお家を見るとつくづくそう思います。

客間も普段使いのリビングも同じ今の家にはそぐわないようです。

 

2.猫のいる暮らし

 

我が家にはいつも猫が2匹います。下の娘が3歳の時に2匹拾ってきたのが始まりです。その後交通事故で1匹天国へ行ってしまい、その3ヶ月後に保護猫が一匹うちに来て、数年その2匹で仲良くしてましたが、昨年の5月に今度は病気で1匹お空へ行ってしまいました。突然のことで家族揃ってがっくり来ているところへ、昨年の9月にガリガリに痩せた子猫がやってきました。

 

名前をチャッちゃんと言います。もりもり食べて元気になって、今では大人と変わらないサイズまで成長しましたが、中身はまだまだ子どもです。遊んで欲しくて、何にでも興味があって、家中あちこちで悪さをしてくれます。

 

みかわ工房さんのお雛様は土か粘土で作ってそこに彩色を施してあります。どのお人形でも同じですが、落とすと壊れやすいです。

実際うちのお雛様も、以前猫に落とされて欠けてしまったことがあります。この時は工房に連絡して直してもらいました。

その時の猫に比べても新入り猫のチャッちゃんは落ち着きがないので、どうしたものかとずっと思案中です

スポンサーリンク

 

3.お雛様の猫対策

 

うちもまだこれといった方法が見つかっていないのですが、いくつか調べたり考えたりしたものをあげて見ます。

 

1.お雛様をガラスケースに入れる

もともとガラスケースに入ったお人形もありますので、サイズの合うケースがあれば一番いいですね。ですが新たにガラスケースだけ買おうと思って調べたら万単位の金額でした。中古で合うものがあれば良いですが、昔のものはガラスが薄く猫が上に乗ったりすると割れる場合もあるようです。

小さなお雛様なら市販の水槽などで代用できるかもしれません。そう思って寸法を測りホームセンターへ買いに行ったのですが、うちのお雛様は意外に奥行きがありまして、Lサイズでも入りませんでした。その上となると横幅がものすごく大きくなってしまうためひとまず保留中。ぴったり合うサイズがあれば即買いたいです。見た目を気にしなければ水槽だと頑丈ですし値段も手頃です。

 

2.猫の檻にお雛様を入れる

これは安全は安全ですが、あまりにも無粋な気がします。牢屋に入れられたお雛様です。

 

3.壁に棚を取り付けて飾る

猫が手の届かない所に棚を取り付けられるようであれば、素敵に飾れそうです。

我が家は賃貸の塗り壁ですのでちょっと難しそうです。

 

4.お雛様のタペストリーを飾る

これは以前からなかなか良いと思って考えています。
猫がいないお家でも掛軸のように、季節ごとのタペストリーを用意して架け替えたら素敵だろうと思います。

今まで私の見たものは幼い子ども向けのものが多く、なかなか気にいったものが見つかっていませんが、ずっと探しています。頑張って気に入ったものを作ってもいいですね。

 

5.お雛様を吊るす

吊るし飾りもしくはモビール。天井からぶら下げたら猫の手は届きません。吊るし飾りはうちにはありませんが素敵ですね。モビールはハロウィンやクリスマスなどによく作りますが、お雛様がぷかぷか浮かんでいるのはどうでしょうか?個人的にはあまり素敵に思えないので作っていません。

 

6.絵、絵葉書、折り紙のお雛様などを壁に飾る

オーソドックスですが、一番簡単で季節感が出ますね。

 

ということで悩んでいる間にもう2月も後半となってしまいました。今週末中にはなにか考えて雛飾りをしたいと思っています。またブログで報告しますね。

 

続きはこちらをどうぞ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.7

デニムリメイク◆ジーンズの裾利用とっても簡単ポシェット

お正月に姪が小さな子供を連れて帰省しました。その子にプレゼントしようと小さなお人形を作り、ついでにお人形を入れて持ち歩くポシェットを作…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る