天然酵母の菓子パン3種〜ひとつの生地からアレンジ★楽健寺酵母

楽健寺酵母でもいろんなパンが焼けますが、私は作り慣れたひとつのパン生地に、ゴマを混ぜたりくるみを混ぜたり、あんこを包んだりして楽しんでいます。バターや卵を入れなくてもふっくらもっちり美味しいパンができますよ。

スポンサーリンク

もくじ

  1. パン生地
  2. 菓子パンの作り方(あん、チーズ、さつまいも)

 

1.パン生地

必要最低限のものしか入らないシンプルな生地です。これが上手にできるようになれば、たぶん他のもできるんだろうと思うのですが、いつもこの生地のバリエーションでいろんなパンを作ってしまうので、他の生地はほとんど作りません。

 

ここでは材料のみ書きますので、詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

 

材料

強力粉    500g
酵母種 250g
塩    8g(大1)
砂糖    30g(大2)
菜種油    40g(大3)
水    250 〜 280 cc

 

2.菓子パンの作り方

1次発酵の後16分割して丸めてベンチタイム。

あんパン

平たくして丸めた餡を包み形を整える。

image

 

チーズ

ベンチタイムのあと小さく切ったチーズを全体にのせ包み込んで丸くする。今回は胡椒入りのチーズを使っています。これすごくパンに合いますよimage image image image

スポンサーリンク

image

 

さつまいもパン

1.サツマイモをサイコロに切り、塩茹でしておく(好みで砂糖を入れて下さい)

2.チーズパンと同様に生地に包み込む。

 

フライパンで焼く場合

フライパンのフタを用意してください。

1.油を薄く塗ったフライパンに並べて発酵させる。クッキングシートでも。

2.1.5〜2倍になったら弱火で焼く。20分ほど経って良い色がついたら裏返し、色がつくまで20分ほど焼く。

image

オーブンで焼く場合

1.クッキングシートをしいた天板に並べ1.5

〜2倍に発酵させる。

2.霧吹きでたっぷり水をかけて、冷たいオーブンに入れる。

3.火をつけ20分かけて200度まであげる。

私は100度3分、130度3分、、、という感じで上げて行きます。低温でゆっくり温度を上げていくと、よく膨らむ感じがします。

4.良い色がつくまで焼く。オーブンに入れてから40分くらい。

image

 

フライパンで焼くと皮はパリッ中はしっとりふわっと焼けて本当に美味しいんです。私はオーブンより好きなのですが、フライパンもオーブンも一度にたくさん焼けないため、両方を使って焼いています。

image

粗熱が取れたらビニール袋に入れて保存、その後水分で濡れるため別の袋に入れ直します。こうすることでパンが冷めても硬くなりません。

いろんなものを包んで焼いてみて下さい♪
こちらも合わせてどうぞ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.7

デニムリメイク◆ジーンズの裾利用とっても簡単ポシェット

お正月に姪が小さな子供を連れて帰省しました。その子にプレゼントしようと小さなお人形を作り、ついでにお人形を入れて持ち歩くポシェットを作…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る