パンツの靴ずれ防止に◆靴擦れ布を制服ズボンにつけてみた


高一の息子の新しいズボンを買いました。今回はちょっと手をかけ、擦り切れ予防のための「靴擦り」をつけてみます。着た時のシルエットも美しくなるそうですよ。

スポンサーリンク

もくじ

  1. 靴擦れの役目
  2. 靴擦れのつけ方

 

1.靴擦れの役目

実は今回初めて、「靴擦れ」というのを知りました。背が伸びてズボンの裾出しをする時、以前曲げた折り跡や白く擦れた跡がくっきり残ってしまいます。これ何とかならないかなぁとよく思っていました。それで調べていたら「靴擦れ」というものに出会いました。紳士服のズボンにはついているそうです。そう聞いて夫のズボンをみてみたら、、、付いてました!

 

「靴擦れ」の仕組みはこうなっています。

image

ズボンと同じ布で作ったテープを裾から1〜2mm出して縫い付けます。こうすると靴と擦れても本体のズボンは傷みません。

 

中学高校時代は一番身長が伸びる時なので、1度か2度は裾伸ばしをしないといけなくなります。新品の時にあらかじめ擦り切れ予防に靴擦れをつけておけば、後で丈を出した時の筋が目立ちにくくなるはずです。

 

そう思って最初、欲張ってズボンの裾一周につけてみたのですが、ちょっとごわつき過ぎ。裾に輪っかが入っているみたいになってしまいました。何事もやりすぎは禁物ですね〜

やはり後ろ部分のみにつけるのがよろしいようで、、、

 

スポンサーリンク

 

3.靴擦れのつけ方

1.裾を切った残り布から4cm × 20cmほどの細い布を切り、端を1cmほど折り込んで1cm × 20cmくらいの細いテープを縫う。2本用意する。

image

 

2.裾上げする前にこのテープを、上の図の位置にミシンで縫いつける。真ん中は1〜2mm出し、両端は1〜2mm控える。

image

 

3.普通に裾上げする。裾上げの仕方はこちらをどうぞ

image

表から見た裾擦り、少し別布が出ています。

image

 

後ろ側に少し重みとハリが出て、お尻から続くラインがきれいに出るような気がします。

さて、裾出しの時どうなりますでしょうか。あまり擦れず汚れが少ないといいなぁと期待しています。

 

こちらも合わせてどうぞ

 

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2018.4.24

型紙なし!簡単で可愛い手作りブラジャーの作り方

こんにちは、かやです♪ ふんどしパンツやフンティを愛用しています。それでどうせならおそろいのブラがあったらいいなぁと思ってました。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る