パンツのウエストが大きい時のゴムを使った直し方◆デニムも簡単にフィット

 

ジーンズは好きでよく履くのですが、どうもうまくウエストが合いません。腰で合わせるとどうしてもウエストがゴソゴソしてしまいます。

 

仕方なしにベルトをするのですがこれって意外に邪魔じゃないですか?

 

おしゃれでベルトをつけるなら仕方ないですけど、ウエスト周りは重いし、重ねた上着のお腹は飛び出すし、個人的にはトイレが面倒なのであまりつけたくないです。

 

そこでウエストにゴムを入れてみました。子どものジーンズのウエストがよくそんな風になってて、ボタンで調整できるようになってますよね。大人用なので調整用ボタンはなしにしました。

 

ジーンズだけでなく他のズボンでもできますよ。

スポンサーリンク

 

◆ズボンのウエストにゴムを入れる方法

 

材料   20mmの幅広ゴム   必要分

1.ジーンズのベルトの裏側の真ん中から数cm離れたところに、ハサミで切り目を入れます。あら、斜めに切ってしまいました。気にしない気にしない。裏だから見えない見えない。


2.ゴムを通します。ゴムの幅が広いので普通のゴム通しだと無理です。安全ピンが使えます。

 

3.ぐるりと通して、反対側に同じように入れた切り込みから出します。

 

4.切り口より少し奥に入ったところでゴムをしっかり縫いとめます。

 

5.ゴムを切り中に入れ込んで、ズボンの切り口をまつります。

 

6.  もう片方の端も同様に始末して完成、これでベルトいらず!

 

 

◆切り口をきれいに隠す方法

最近もう少し見栄えの良い方法を考えました。こちらはより簡単で何より裏がきれいです!

 

はじめにゴムの両端に切り口をふさぐ小布を縫い付けます。

 

これをベルトの中に通して小布だけ外に出します。

そして切り込みを隠すようにきれいに広げて周りをミシンで縫います。

裏から見るとこんな風になります。

 

表から見るとこんな風。

 

◆ズボンを切りたくない方に

こんなゴムベルトも売っています。ジーンズを切りたくない方はこっちの方がいいですね。

 

 

 

 

こちらも合わせてごらんください

 

素敵な布と手芸グッズはこちら

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.2.13

デニムリメイク特集◆バッグ・ポーチ・アクセサリー・・・

作ることが好きです。でも新しい布に本の型紙を当てて作るのにはあまり興味がわきません。なんかそれなら買えばいいじゃないと思ってしまう。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る