暮らしに生かすおばあちゃんの知恵特集

スポンサーリンク


今の時代、ちょっと具合が悪くなったら市販の薬を飲む、汚れが落ちなかったら強力洗剤を買う、虫が出たら殺虫剤をまく、、、
なんでも買ってきたもので済ませるのが当たり前になってます。

でもほんの数十年前までは、もっとなんでも家にあるもの周りにあるものを利用して暮らしがまわってたんですよね。

今でもちょっとお隣のおばあちゃんに尋ねてみたり調べてみたりすると、まだまだいろんな知恵が出てきます。
そんな豊かな暮らしの知恵を、忘れないで引き継いでいきたいなあ~と思います。

 

◆ビワの種の焼酎付け

ビワは本当に頼りになる木です。葉っぱから実から種からすべてお役立ち。あの優しいお味も大好きです。まどみちおさんが童謡「びわ」で♪やぎさんのおちちよりかもまだあまく~と歌っています。ここでは内服も外用もできる万能エキスビワの種の焼酎付けのご紹介です。

 

◆米ぬか

毎日小さな精米機で食べる分ずつ精米してお米を炊いています。うちは3分搗きか5分搗きなんですがそれでも結構ぬかがたまります。いろいろ使い道はあるのでしょうがなかなか活用しきれず、もったいないですがほとんど洗い物で使っています。油はよく取れます。

 

◆豆腐パスター(熱さまし)

昔マクロビオティックを学んでいて、そのころ習った手当法の一つです。これを知っておくと子育て中は助かります。1度インフルエンザで高熱が出た時怖くて熱さましの薬を飲ませたら、頭が割れそうに痛いと子どもが泣き叫びました。以来薬を怖がって、うちの熱さましはもっぱら豆腐とキャベツです。

 

◆梅醤番茶

梅干しが体にいいことはいまさら言うまでもないのですが、その梅干を体を温めるお茶にして毎日いただく飲み方のご紹介です。

 

◆生姜糖

この生姜糖は近所の料理上手のおばあちゃんに教えてもらいました。辛いけれど一度食べると病みつきになるおいしさです。上手にできると口の中でほろほろと溶けます。

 

◆甘酒


甘酒は冬でも夏でも体に優しくておいしい飲み物ですね。特別な道具がなくても簡単に作れます。

 

◆煮洗い

洗濯の時、汚れ落としに何を使ってますか?私はいまだにこれだというものが見つかっていません。合成洗剤は確かに真っ白になりますが、無香料でも独特のにおいがあって苦手です。

そのほかいろいろ身体や環境に良いというものを試してみましたが、汚れの落ちはいまひとつでした。それで結局今は粉せっけんを使っています。よく泡立てて使えば普通の汚れは落ちているみたいです。

それでも蛍光剤や漂白剤が入っていないので徐々に黄ばみが目立ってきます。そんな時はこちらの煮洗いがおすすめです。思った以上にきれいになります。

 

◆ゴキブリホウ酸団子

ゴキブリホウ酸団子っていつできたんでしょう?私が子供のころから母が手づくりしてました。今市販のものがいろいろ売られていますが、私は手づくりのこれが一番効くと思います。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

メルマガ登録

ピックアップ記事

2018.4.24

型紙なし!簡単で可愛い手作りブラジャーの作り方

こんにちは、かやです♪ ふんどしパンツやフンティを愛用しています。それでどうせならおそろいのブラがあったらいいなぁと思ってました。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る