その一言で人生が変わる★前向きに生きたくなる韓流ドラマの名言

スポンサーリンク

写真は昨年息子の担任の先生から送られてきた年賀状です。私には初めて目にする言葉で、見るなり心を鷲掴みににされるような衝撃でした。

スポンサーリンク

目 次

  • 名言がひびく歳頃
  • 悩むよりやる!
  • いくつになっても人は変われる

 

名言がひびく歳頃

 

わたしは知らなかったのですが、韓国の小説「カシコギ」に出てくる言葉だそうです。韓流にあまり興味がないので知らなかったのですがずいぶん前のベストセラーだそうでドラマにもなっているようです。興味のある方はこちらをどうぞ。

 

息子に届いた数枚の賀状の中からなぜかこの賀状だけが見て見てというように光を放っていました。

 

その言葉の意味もさることながら、たぶん私の中に今ちょうど求めるものがあったんでしょうね。出会いというのはそういうものだと思います。

 

偶然ではなくて、ずっとずっと待っていて探していて、だから自分の求めるものが近くに来たら磁石が引き合うように引き寄せるのでしょう。

 

同じこのハガキを見ても息子はふーんっていう感じでただ流してましたから、彼には今まだわからないのでしょうね。15歳ですもんしかたないですね。

 

どれだけ頭が良くてもどれだけ本を読んでもわからないことがあると思います。年を経ていろんな経験を経て我が身のこととなって、やっとやっとわかること、わかる言葉があるのだと最近わかるようになりました。

 

いつまでも健康で若々しくいたいとは思いますがそれでも、今まで気づかなかった言葉が実感を伴って心に染みる時、歳をとるのも悪くないなぁと思えます。

 

 

悩むよりやる!

 

この賀状を昨年のお正月に受け取り、息子からもらって額に入れて飾りました。

 

ここ何年か人生の来し方行く末を思い気持ちが冴えない時も多く、なんだかどうしたもんかなぁともんもんとした日々を過ごしていました。

スポンサーリンク

 

50歳という年齢も大きいと思います。私はまだ何もしていないできていないという後悔反省と、今ならまだ間に合うというかすかな期待と焦りと、今更もう…という諦めといろんな思いに揺れながら日々の暮らしに紛れる毎日。

 

そんな中でこの言葉との出会いです。

 

なに甘いこと言ってんだい!
ごちゃごちゃ言い訳している間にやれよ。
人生終わっちゃうよ。

 

いくつになっても人は変われる

 

そして始めました。
なんでもよかったのですが、少し前から英語をやり直し始めていましたので、もっとまじめに取り組み始めました。

 

普通にやっていてはなかなか時間が取れないので
朝活を始めました。朝4時起きを目標に朝することを決め2時間勉強時間を確保しました。

 

そして一年、忙しかったり夜更かしで寝坊したりする日もありますが続いています。この3日坊主で忘れっぽい私が一年続いています。

 

結果英語を使いこなせるようになりました!と言えたらかっこいいのですが、偉そうに言っても英語を自由に使えるようになるにはまだまだです。

 

けれどやった分だけ確実に進んでいると信じられますし、何より自分に自信が持てるようになりました。自分のことをやればできる人と少し信じてあげられるようになりました

 

自分を信じられたら何でもできます。何にでもチャレンジできます。まだ結果は出ていないけれど気持ちを入れ替えて一年頑張っただけで、ものすごく大きなご褒美をもらえました。

 

こんな言葉一つで生き方が変わっちゃうなんて単純ですよね。でもどんなきっかけにしろそれで自分が元気に生きていかれるならいいじゃないですか、万々歳です。

 

これからまだまだどんどん変わっていける、新しい自分に会えると信じています。年齢は関係ないです。いえ年齢を経たからこそ気付けました。年齢のおかげです。

 

いくつになっても人は変われますよ、たぶん。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

メルマガ登録

ピックアップ記事

2016.8.1

おにぎりが蒸れない弁当箱★竹かごの弁当箱を修理しました

みなさん、どんなお弁当箱を使っていますか? うちでは竹かごの弁当箱を愛用しています。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る