手作り雛人形◆折り紙で折る本格お雛さま(女びな)


昨日の続きです。今日は女びなの作り方です。


スポンサーリンク


こちらの折り紙のお雛さまの女びなを作ります。

折り紙おひなさま

 

こちらの本のお雛様です。

「折りひな」の本に添付の和紙は一辺9.5cmですが、見やすいように15cmの折り紙で説明しています。

 

【女ひなの作り方】

1.折り紙を6枚使います。下から白(顔)、黒(頭)、袴、下着、中着、上着と重ねます。

2.6枚重ねで横半分に折ります。

3.開いて縦半分に折ります。

4.対角線で折ります。

5.もう一方の対角線は半分だけ折ります。

 

6.写真のように切り込みをいれます。15cm折り紙で幅1cmほど、9.5cm折り紙では7、8mmほど。

7.袖の下を3/4まで切ります。表裏共切ります。

8.次に白(顔)と黒(頭)だけ使います。背中側を中心まで折ってスジをつけます。

9.図のように折ります。

10.次に白(顔)だけ使います。表に返し、写真の青い線のように考えて顔の形を爪楊枝でスジをつけ(黄色い線)、ハサミで切ります。

11.切り離した部分を前へ折ります。

12.頭を黒の切り目に通すため、

先を後ろ側で細く折ります。

13.黒い紙を縦半分に折り、白の中心線に合わせて重ね、顔の形をよく見て黄色い線に切り込みをいれます。(額になります)

14.黒を開いて、表から白い紙の頭のとんがりを切り込みに差し込み重ねます。

15.頭のとんがりを開きます。のりで留めておくとやりやすいです。

16.黒で包むように折ります。

17.黒の紙を首のところまで斜めに切り込みます。

18.裏返して青い線で折ります。写真の右半分はもう折ってあります。

19.頭を衿あきに通すため細く折ります。

20.頭をくるりと回して衿あきから差し込みます。

21.頭部の出来上がり。

22.袴を着せます。衿もとに小さく切り込みを入れます。

 

23.裏側に折ってから着せます。

24.残りの紙3枚を重ねたまま前側の中心を切り開きます。

25.1/4のところから、写真のピンクの線に端が来るように折り目をつけます。

 

26.まず下着です。袖口を細く折ります。写真のピンクの線で裾をもう一回くるりと折りあげます。

 

27.衿もとを先ほどの袴よりも少しだけ深く折ります。

28.着せます。

29.次は中着です。下着と同じ折り方ですが、袖口も衿もとももう少し深く折って着せます。

30.最後に上着です。これも同じ折り方で中着よりも深く折って着せます。

31.袖を全部、重なった三角の前に出します。

32.裾を2/3のところで折ります。前は内側に後ろは外側に。

33.細く折ってあった髪を一段広げ、おすべらかしの形に折ります。

34.首から少し離れたところで袖を折り

35.交わったところ(あおい○)のところを角にして袖を◇形に広げます。

完成です。

お内裏さまと並べるとこうなります。

和紙は折り紙より厚いので、6枚重なると少し折りづらいです。

 

お内裏さまの折り方はこちらをどうぞ

こちらも合わせてどうぞ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.3.1

プリーツスカート(制服) のウエストが小さい時のびっくりな直し方

娘はこの春小学校を卒業します。6年間あっという間ですね。中学の制服はわりとキレイなお古をいただいたので、それでよしと安心していたのですが…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る