コーヒーに目覚めたら夫婦仲までホットになったコーヒー初心者の話


ひょんな事からコーヒーに目覚めました。

それまでうちにあったのはスーパーで買ってくるドリップコーヒー、一つ一つパックになっているやつです。

おまけにこれを飲むのは夫とお客さんだけ、私にはコーヒーを飲むという習慣がなかったんです。

だって美味しいと思わなかったんですもん。

それが美味しいコーヒーに出会ってしまって以来、あれよあれよとわが家の台所にはコーヒーの香りが立ち上るようになりました。

 

スポンサーリンク

 

◆コーヒーに目覚める

きっかけは息子の塾の先生のお宅。伺った時に出されたコーヒーがあまりにも美味しかったのです。

 

まぁ上がってくださいと整頓された美しいリビングに通されて、先生とお話しする横で奥様がカリカリとコーヒー豆を挽いてくださいました。

 

もともとコーヒーに興味もないものだから、話に夢中になってコーヒーに手をつけずにいたら、どうぞと促されました。

 

うちのコーヒー苦いかも、と小さなチョコレートと一緒に出されたコーヒーカップを手に取り、ひと口含んだら、、、

 

えっ、、、

なにこれ?

美味しい!

コーヒーってこんな味だったっけ?

 

びっくりです。

苦味と甘味と、なんだろうこの複雑で豊かな味は、、、ごめんなさい、コーヒーの美味しさを語るには言葉を知らなさすぎます。

 

でもそんなど素人の私をうならせるくらいそのコーヒーは美味しかったのです。

 

でもなぜかその時、先生にコーヒーのことを聞けなかったんです、変に遠慮してしまいまして。

息子の勉強のこと、進学のこと、先生の若い頃のこと、、、いろんなお話をうかがって、ありがとうございましたとお宅を辞して車に乗ってから、改めて思い出すのは「あのコーヒー美味しかったなぁ〜」ってことばかり。

 

ここから私のコーヒー修行が始まりました。ほんの2ヶ月前のことです。

 

 

◆わが家にコーヒーブーム到来

あのコーヒーはかなり濃かったんです。でも美味しかった。

それにしてもなんという豆だろう?どれくらい煎っているんだろう?どんな挽き具合だろう?

 

コーヒーは豆の種類、煎り方、挽き方、煎れ方等によって味が変わることくらいはなんとなくわかりますが、自分が飲みたいのはどんなコーヒーなのかどうすればそんな味になるのかわからないことだらけです。

 

塾の先生に尋ねたらきっと教えてくれるんでしょうけど、わざわざ電話して、あの〜先日のコーヒーなんですけど、、、とはなかなか聞けないものです。いつか機会があればお聞きしたいと思ってますが。

 

それに自分なりに調べて実践して、少しコーヒーがわかってからお話しを聞くのも面白いかと思いまして、、、

そんなわけでコーヒーについてネットで調べておりました。

 

そうしたらそんな私の熱い思いが引き寄せたのか、夫の同僚が元コーヒー店の店長さんだったと判明!そして翌日にはこのコーヒー飲んでみてと愛飲の豆をとどけてくれました!

 

もう夫も巻き込んでわが家にコーヒーブーム到来です!

早く飲みたい!店長オススメのコーヒー豆!

 

と、こ、ろ、が、です。

 

せっかく豆をもらったのに、飲めないんです。

なんでかっていうと、わが家にはコーヒーミルがないから。もう大きく膨らんだ期待の風船が一気にシュンとしぼみました。

 

これは急いでコーヒーミルを買わねばなりません。

急ぎ検索して、動画をいろいろ確認して、結局買ったのはこちら、

 

 

手挽きは続かないから電動ミルの方がいいという意見も多いようなのですが、手挽きのかっこよさに抗えず(笑)こちらにしました。安定感がありとっても挽きやすいです。

 

ミルの説明は又別の機会にするとして、いよいよです!これで店長にいただいたコーヒー豆が味わえます!

 

ドリッパーも探したのですが、素材もプラスチックからガラスからいろいろ、形も円すい形や底が平らなものや穴の数が違ってたりいろいろでどれを買えばいいのか迷います。わからないのでとりあえずうちにある持ち手つき円すい形のザル?で代用します。

 

 

ペーパーフィルターもなかったので、家にあった目の細かい麻布を縫って作りました。

 

煎れる前にネットで探した動画で美味しいコーヒーの淹れ方を勉強しました。

 

準備万端!

さあ、これであの美味しいコーヒーが飲めるかも〜

期待に胸が膨らみます。

 

◆初めてミルで挽いたコーヒーの味は

 

ミルに豆を入れて、おそるおそる回してみました。

 

カリカリと豆をすり潰す感触が手に伝わり、コーヒーの香りがふわっと立ち上ります。

 

ドリッパーにフィルターをセットして今挽いた粉を入れます。

 

やかんに沸かしたお湯を少し注いで蒸らします。

 

しばらく待ったら真ん中の方にのの字を書くようにお湯を細く細く注ぐ、、、予定なのですが注げません!

どぼっどぼっと出ます( ̄ー ̄)

 

あらー、やかんのことそんなに考えてませんでした!動画のように細く優しくなんて全然注げません。

 

それでも仕方がないので進めて、最後は絞り切ることなく、コーヒーがまだポトンポトンと滴っている間にドリッパーから外しました。

 

さー待ちに待った店長のコーヒー♫

どんなお味でしょうか、ドキドキワクワク

 

2つのカップに注いで夫と二人口に含みます。

 

、、、

 

ん?、、、

 

これが美味しいコーヒー?、、、

 

まずくはないけど、さほどでも、、、

 

私たち味音痴?、、、

 

2人見合わせた目が沈みます。

 



 

◆美味しい味を求めて

 

せっかくもらったけど好みが違うのかも

やっぱりやかんが悪いのかな?

フィルターかな?

何かが違う

いや全部違うのかも、、、

 

私たちのコーヒー熱は冷めるどころかかえって火がついてしまいました。

 

それでまずは美味しいコーヒーってどんなの!ということで、コーヒー知らずの私たち、どちらからともなく街にプロの淹れたコーヒーを飲みに行こう!という話になりました。

 

コーヒー専門店で私が頼んだのはエスプレッソ。なぜなら先生のお家のコーヒーはかなり濃かったから。でも小さなカップで出てきたコーヒーは、ものすごく濃くて苦くて酸っぱくて、残念ながら私には美味しいと思えなかったんです。やっぱり私にコーヒーの味はわからんのかなぁ。

 

ちなみに夫はカフェラテを頼んでこちらはとっても美味しかったんです。ミルクが入ってますからねぇー、無理なく飲めます。

でもねー、コーヒー修行に来たんですよ私たちは。カフェラテ頼むのは違うだろ!と心の中で突っ込み入れてました。

 

別の日にもう一軒行ったけど、そちらはコーヒー専門店というよりコーヒーが飲める喫茶店。私の住む街で珈琲豆と調べるとでてくるのはこの2軒だけ。結局コーヒー修行にはならずに今に至っています。

 

お店のコーヒーが本当に美味しいか謎というところもありますし、好みの味というのも人それぞれです。やっぱり何軒もまわって飲んでやっと自分の美味しい味が見つかるものなんでしょうね。

 

2人でカフェ巡りなんてしたことなかったけど、この年になって新たな楽しみが増えました。行く先々でコーヒー店巡りをしようと思います。

 

この後いろいろと調べて美味しい豆を購入し、淹れ方も勉強し、かなり美味しいと思えるコーヒーを淹れられるようになりました。

 

わが家が出会ったコーヒー豆屋さんは通販の人気店きゃろっとさんです。これでもかと熱くコーヒーを語ってくれます。

 

大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店

送られてきたお試しセットには、詳しい淹れ方の説明書の他、挽き方のサンプルまで入れられていました!

 

詳しくはこちらをどうぞ

 

 

◆コーヒーがとりもつホットな関係

 

私たちは大きな子どものいる中年の夫婦です。それぞれ趣味もあって休みの日は各自好きなことをしています。

 

普段夫は夕食からお酒を飲み出すので、お酒を飲まない私は早々に切り上げて家事やら手仕事に忙しいです。

 

仲が悪いわけではありませんが、考えたら一緒に過ごす時間はそれほど多くありませんでした。

 

それがコーヒーという共通の話題ができて、なんだか様子が違ってきました。

 

美味しい淹れ方動画を一緒に見たり、コーヒーケトルを探しに出かけたり、、、となんだか仲良し♡

 

飲みたいなと思ったら、コーヒー飲む?と声をかけます。

優しさといえばそれもありますが、実はコーヒー豆は最低2人分から入れないと美味しくないみたいなんです。なので私が入れる時も夫が入れる時も当然のように「飲む?」と一声かけます。要らないと言われても淹れるんですけどね。

 

おまけに、高2の息子までこの輪に加わってきました!

ついこないだまでブラックなんてげぇー!って言ってたくせに、コーヒーの味をわかるようになりたいと必死でブラック修行をしています。

 

友達が遊びにくると、自分でカリカリミルを挽いてコーヒーを淹れています。子どもはコーヒー牛乳飲んでなさい!と言いたいのをぐっとこらえて、背伸び中の息子を見守っています。

 

みんなそれぞれ好き勝手なことをしてますが、コーヒータイムにはほっと息抜き言葉を交わします。

 

こんな風に家族関係までホットにしてくれたわが家のコーヒー道は始まったばかりです。

これからも時々こちらに書いて行こうと思います。

 

 

こちらもどうぞ

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.8.1

おにぎりが蒸れない弁当箱★竹かごの弁当箱を修理しました

みなさん、どんなお弁当箱を使っていますか? うちでは竹かごの弁当箱を愛用しています。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る