赤ちゃん人形を手作り◆世界中の赤ちゃんにお誕生日おめでとう‼︎


昨日、ひと月ホームステイに行っていた娘が日本に帰って来ました。そしてなんと、昨日は娘の14回目のバースデーでもありました!

 

成田空港へお迎えに行くと空港の到着ロビーで、ひと月それぞれにホームステイを頑張り共に帰国した仲間たちに、ハッピーバスデーツーユー♫ と歌を歌ってもらっていました。

 

なんて素敵な誕生日!一生忘れることはないでしょう。

 

少し前に無性に作りたくなって、赤ちゃんのお人形を作りました。特別プレゼントする予定もなかったのですがなんとなく手が動きました。この日のために作ってたのね私(^.^)

スポンサーリンク

 

そうそう、赤ちゃんってこんなだった。何もみなくても手が勝手にどんどん動いて出来上がりました。

赤ちゃん可愛いなぁ〜、抱っこしたいなぁ〜

 

 

娘の名前には「もも」がつきます。

生まれたときとってもきれいなピンク色で、90歳を過ぎた産婆さんが「桃みたいな子やなぁ」と言ってくれたから。

それとミヒャエル・エンデの「モモ」も少し頭に浮かんで。

あんまり考えてないですね。

 

 

小さい頃はピンク色の服ばかり着せてたんですが、今は全く着ようとしません。ジーンズに男の子みたいな服ばかり。ずいぶん大きくなっちゃった。14歳ですもんね。

 

娘の髪の毛はまっすぐな毛なのでちょっとこの赤ちゃんとは違います。でもこの方が赤ちゃんらしかったから。

 

 

かわいいねー おりこうだねー

この赤ちゃんは娘でもあり、息子でもあり、私の中の今まで目にした全ての赤ちゃんが入ってます。

 

 

誰もがお母さんから生まれて、誰もが昔、赤ちゃんでした。

 

誰もがきっときっと、誰かに愛されて、かわいいねと声をかけられたことがあるはず

 

その天使の笑顔で誰かを幸せな気持ちにしてあげたに違いない、きっときっと。

 

世界中の赤ちゃんと、かつて赤ちゃんだった人たちに、幸あれ。

 

お誕生日おめでとう‼︎

 

今度作り方をアップしますね。

こちらもどうぞ

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.2.6

リメイクよりも大事なこと◆一番基本は大切にすること直すこと

今日はお繕いの一日でした。 夫の剣道袴のほころびを直し、息子の弁当袋の持ち手を付け替えました。 ずっと前から頼まれていたのに…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る