手芸初めてさんのための基本♪ミシンの準備と使い方/縫い方

こんにちは、かやです。

今日はミシンを初めて使う時の一番基本をお話しします。

こんなこと今さら〜なことばかりかもしれませんが、不器用な娘をイメージして書いてますのでお許しください。

もしかして、うちの娘くらい知らない方のお役に立てたらうれしいです。

ミシンの詳しい使い方につきましてはそれぞれお持ちのミシンの取り扱い説明書をご覧ください。

スポンサーリンク


◆ミシンの準備

*下糸の準備

家庭用ミシンのボビンを使います。

小さな穴が空いているので内側から糸を通し

 

ボビンの糸巻き場所に立てます。

どのミシンもだいたいこんな感じです。糸から直接ボビンへ巻かずに糸案内に引っかけるようになっています。

 

→の方向へ押してスタートボタンを押すとボビンに糸を巻き始め、巻き終わったら自動で止まります。→の逆の方向に戻して外してください。

 

透明のふたを外し、ボビンをいれます。ふたに向きが書いてあるのでその通りに入れます。

 

*上糸をかける

だいたいどのミシンもこんな感じです。

 

*ミシン針の付け方

針は片面が平らになっています。

 

ネジを緩めて、平らな面を奥側にして穴に差し込み、ネジをしっかり締めます。

 

◆縫い方

*縫い始めと縫い終わり

ミシンの右端に付いている丸いのをはずみ車と言います。電気を入れなくてもこれを回すと針が動きます。はずみ車は手前へ回します。

これを少し動かして針を縫い始めの位置に刺します。

 

 

縫うときは布押さえを必ず下げて縫います。これが上がっていると絡まりの原因になります。

 

 

いつも始めと終わりは返し縫いをします。こうすると玉止めしなくても解けません。ボタンを押している間は縫い目がバックします。

 

写真はわかりやすいようにわざとずらしましたが、実際は一本の線の上に重ねて縫ってくださいね。

 

*糸の切り方

糸を10cmほど引っ張って縫い目の際て切ります。

 

*方向を変える時

角を縫うときなど方向を変えるときは

 

針を刺したまま押さえをあげて、針を軸にしてくるりと回すとずれません。

 

スポンサーリンク

 

◆縫い代の始末

*布を開く場合(縫い代を割る)

それぞれの布の端をジグザグで始末しておく

合わせて縫って

 

縫い目を開いてアイロンをかけます。

 

*片方に倒す場合(方倒し)

まずは縫って

2枚まとめてジグザグをかけます

どちらか片側に倒してアイロンをかけます。

 

◆ポケットの付け方

ポケットの口になるところを図のように2回折って(三つ折り)端をミシンで縫います。

 

3辺の縫い代をアイロンで折り曲げ

 

まち針で布に止めてミシンで縫います。

この時、口の角は丈夫になるように三角に縫います。

こうするとさらに丈夫です。

 

 

◆ソーイングでよく使う用語

*縫い代

布と布を縫い合わせるために、実際に縫う線より1cm前後少し余分がいります。それを縫い代と言います。

*中表(に合わせる)

布を重ねて縫う時、表面を中側に向けて重ねることを言います。普通縫うときはだいたい中表です。

*わ

布を2つに折った時折り曲げたところ。型紙などによく「わ」とあります。わと書いてあったらそこに折山を合わせ型紙を写します。

 

まだまだ説明したいことはたくさんありますが、その都度出てくる時に追加していこうと思います。

 

 

こちらもどうぞ

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2018.2.10

ミシン選びに迷う時◆いろいろな機能と初心者が選ぶ時のポイント

こんにちは、かやです。 先日、ミシンを買い換えたいのだけれどおすすめのミシンってありますか?と質問をいただきました。 実は私も丁…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る