バター・卵なし★ココナッツオイルのフレッシュいちごマフィン

いちごをたくさんいただきました。今日はフレッシュいちごをそのまま焼き込んだマフィンを作ります。バター、卵不使用ですのでアトピーやビーガンの方にもおすすめです。

スポンサーリンク

もくじ

  1. ココナッツオイルがおすすめ
  2. 生のいちごを使う場合の注意点
  3. いちごマフィンレシピ

 

1.ココナッツオイルがおすすめ

バターやマーガリンを使ったお菓子は美味しいですが、こってりとして胸につかえます。たまに食べる高級菓子にはいいですが、子どもが普段食べるものはなるべく体に優しい材料で作りたいです。

 

植物性のオイルを使うと軽く胃にもたれません。添加物もほとんどなく安心です。今回はココナッツオイルを使いました。ココナッツの甘〜い香りといちごのフレッシュな香りがとっても相性良く、台所中に良い香りが広がります。

 

2.生のいちごを使う場合の注意点

いちごマフィンの場合、ドライいちごやいちごジャムを入れた方が合うと思うのですが、今回試しに初めて生のいちごを入れてみました。優しい香りで、水分が多いためしっとり仕上がります。

 

ただいちごが大きいとその部分がベチャリとなり、ちょっと生焼けのような感じになってしまいました。中に混ぜる分は小さく切って混ぜ込んだ方が良いようです。表面は焼けてカリッとなるので、大きいものをのせると赤くて可愛いですよ。

 

スポンサーリンク

 

3.いちごマフィンレシピ

材料

  • いちご                      200g (混ぜ込み分)
  •                                 100g (トッピング分)
  • きび砂糖                    80g
  • 塩                       ひとつまみ
  • ココナッツオイル     150cc
  • メイプルシロップ       50cc
  • 豆乳                          100cc
  • レモン汁                     15cc
  • 小麦粉                       400g
  • ベーキングパウダー     20g  (小さじ5)

 

1.混ぜ込み分のいちごを小さく切り、きび砂糖、塩をまぶしておく。今回は大きすぎました。もっと細かく切った方がいいです。image

 

2.ココナッツオイル、メイプルシロップ、豆乳、レモン汁をボールに入れ、乳化してとろりとしてくるまで、泡立て器でよく混ぜる。

image

image

 

3.2のボールに砂糖をまぶしたいちごを砂糖なり入れてよく混ぜる。

image

 

4.小麦粉とベーキングパウダーを混ぜて振るう。3のボールに入れ、ゴムべらでざっくりとまぜる。

image

 

5.カップに9分目まで入れ、トッピング用に大きくカットしたいちごをのせる。

image

 

6.180度のオーブンで25分から30分焼く。

imageimage

 

器は100円ショップで買った小さい紙コップを使っています。普通サイズとこんなに違います。

image

image

今回の分量でこのカップ20個くらいできます。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.11.7

よくわかるブランケットステッチのやり方◆縫い始め縫い終わり糸替え

ブランケットステッチって数ある刺繍のステッチの中でも、3本の指に入るくらいよく使われるステッチだと思います。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る