スーツや制服がてからないお手入れ方法


中学生と高校生の子供がいます。どこの制服もたいがいそうですがセーラー服と学生服の色は濃くて、気づけばお尻や膝がテカってビカビカなんてことになります。

 

3年間着て全くテカリを出さないというのは無理かもしれませんが、少しでも美しく着続けるための手入れの仕方をまとめてみました。またテカってしまった時の対処法も合わせてどうぞ

 

スポンサーリンク


もくじ

  1. テカリの原因
  2. テカらせないために気をつけること
  3. 寝押しについて
  4. テカってしまった時の対処法

1.テカリの原因

自分が学生の頃、実は自分のスカートがテカってるってあまり気づかなかったんです。なのに人のはピカピカだなーなんて思ったりしてました。

 

テカリって出始めは自分ではあまり気づかないんですが、かえって人の歩く後ろ姿なんかで気になったりします。後ろ姿が笑われているようでちょっと恥ずかしいですね。

 

テカリは布の表面の凸凹が潰れてぺしゃんこになることで鏡面状態になることで起こります。その原因は圧力と摩擦。

 

お尻、膝、肘、角、折り目、、、など重さがかかったり出っ張っていてよく擦れるところの生地の表面がツルツルになって光ってしまうんです。

 

2.テカらせないために気をつけること

ですから布にかかる圧力と摩擦を少しでも和らげるような扱いをすればいいわけです。

 

● 毎日着続けずに衣類を休ませる

1日着て傷んだ繊維を次の日1日休ませると圧力や摩擦で押しつぶされていた繊維が回復します。理想的にはズボンとスカートは2枚持って交互に着られると一番いいですね。

●適度な水分を与えて繊維を回復させる

布に合った適切な洗濯やスチームをかけることで水分を与え、繊維をふっくらと元にもどすことができます。

●アイロンをかけすぎない

アイロンの熱と圧力と摩擦は一つ間違うとテカリを作る元凶となります。なるべくアイロンは使わずに寝押しがおすすめです。

 

アイロンをかける時はこちらを参考にどうぞ

 

外から帰った時のお手入れ方法

1.ポケットの中身を出す。型崩れを防ぎます。

2.できるだけサイズの合った厚みのあるハンガーにかける。ズボンはズボンハンガーに裾を挟んで逆さに吊るすと重みでシワが伸びます。

3.洋服ブラシで全体のホコリを落とします。これによって寝た繊維が起きてテカリを防ぎます。

 

学生服ではなかなかここまでできませんね。結果ピカピカになってしまいます。せめてスーツは長持ちするように着る度のお手入れを大事にしようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

3.寝押しについて

私が学生の頃は寝押しはポピュラーな方法だったんですが、今はどうなんでしょうかね?プリーツ加工の技術が進んで昔ほどプリーツが取れることもなくなったのかもしれません。寝押しという言葉をあまり聞かなくなりました。

 

でも今でも十分役立つ生活の知恵です。旅先などでアイロンを使わなくてもシワ伸ばしができますし、何よりアイロンの熱がかかりませんので長く使う制服のズボンやスカートにはオススメの方法です。

 

昔のように毎日する必要はありませんが、洗濯の後や雨に濡れた後など乾かしてから寝押しをするとピシリと折り目が綺麗に落ち着きます。

 

寝押しのやり方

1.畳にズボンやスカートを綺麗に伸ばしておく。

2.その上にずれないように日本手拭いなどの布を当てる。

3.静かに布団を敷いてその上に寝る。

 

 あまりにも寝相の悪い方はやめた方が無難ですね

 

4.テカってしまった時の対処法

圧力や摩擦で潰れてしまった繊維を元に戻すか、もしくは毛羽立たせてごまかします。

●スチームアイロンを使う

スチームアイロンで蒸気を当てながら、力を入れずに少し浮かし気味にアイロンをかけて表面を和らげ、古い歯ブラシなどで優しくこすって表面を毛羽立てる。

●メラミンスポンジを使う

表面がざらついた汚れ落としのメラミンスポンジで軽くこする。

●酢水をかける

酢と水を1:2に合わせて吹きかけ優しくアイロンをかける。

 

調べて良さそうなものを試してみましたが、ひどいテカリにはどれもあまり効果ありませんでした。

やはり酷くなってしまう前に日々のお手入れが大切ということですね。

 

こんなものもありますが効き目はどうなんでしょうか?機会があれば使ってみたいと思います。

 

 

 

うちは2人とも自転車通学なので、これはかなり良さそうな気がします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズボンが傷まない、テカらない乗り心地がいいNASAの博士発明のサドルカバー
価格:2600円(税込、送料別) (2016/11/21時点)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.2.14

手作り雛人形◆折り紙で折る本格お雛さま(女びな)

昨日の続きです。今日は女びなの作り方です。 (さらに…)…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る