冷え対策に★おばあちゃんの手作り生姜糖

今日も寒いですね。晩ご飯はお鍋です。気づけば毎晩のように食卓に鍋が登場しています。手抜きじゃないんですよ!寒いと鍋が食べたくなるんですよ!、、、でもやっぱり楽なんですけどね、えへへ。。。ほかほか湯気の上がるアツアツ鍋の食卓に体も心も温まります

スポンサーリンク

冷え対策その後

以前にも書きましたが、私かなりの冷え性です。冬は大好きなんですが寒さは要注意なのです。それでこの冬は寒くなる前から意識して冷え対策をしています。それについてはこちらの記事をご覧ください。

主に、靴下重ねばき、腹巻、半身浴、体を冷やさない食事に気をつけることを注意しています。「寒い」と感じた時には体が冷え切っていてなかなか元に戻らないので、寒くならないように事前に対策しています。この間までは暖冬だったせいもあってか今までのところそれ程の冷えを感じていません。

ただ改善されたというのではなくて、冷えないように日々対策しているというだけなので、本当はもう少し積極的に体質改善していきたいと思っています。

特に靴下重ねばきは実のところ面倒で仕方ありません。引き出しが靴下でいっぱいです!なんとなく信条として何かがないと暮らせないというのが好きじゃないのです。あったら楽しいけどなくてもいい方が暮らしが楽です。

体が締め付けられるのもきらいで下着もふんどし改良型のふんどしパンツを愛用していますし、ブラも冠婚葬祭のきちんとした服の時意外滅多につけません。まあ、つけなくても暮らしていけるバストということなのですが・・・(汗)

ですので靴下とかたくさん服を重ねるとかの対症療法でなく冷えない体にしたいのですが、これがなかなか難しい。いろいろ調べながら改善法を探していこうと思いますが、とりあえず対症療法を続けて行きます。

スポンサーリンク

とびきり美味しい生姜糖

生姜が好きで、普段からよく使います。冷え性によいというので生姜紅茶や ジンジャーシロップ、ジンジャーシロップの残りの生姜から生姜糖を作ったり、積極的に利用するようにしています。

最近とってもおいしい生姜糖を近所のおばあちゃんから教えてもらいました。今まで見たことのない生姜糖でネットで検索しても見つかりません。簡単にご紹介しますね。

材料

生 姜 200g
粉末黒砂糖 250g
(写真は生姜1kgで作っています)

1.生姜を洗ってすりおろす。ミキサーでも大丈夫、
大さじ1ほど水を入れると回りやすい。

image

image

2.黒砂糖と1の生姜を鍋に入れ火にかけ、水分がかなりなくなり、こってりするまで煮詰める。今回は1時間位。

image

3.器にクッキングペーパーを敷き、平らに広げて乾かす。

image

4.乾いて硬くなったら包丁で細かく切って完成!柔らかいうちに切ると包丁について大変です。

image

かなり辛くて、初めて食べた時はびっくりしました。でも生姜と黒砂糖が混じり合いほろほろとくずれる食感がいい感じです。黒砂糖の素朴な甘さと生姜の刺激的な辛さが去った後、じんわり口に広がる爽やかさに病みつきになってしまいました。

熱いお茶にこの生姜糖を一つ二つかじると心なしか体がポカポカしてきます。ぜひ一度お試し下さい。

こんなサプリを見つけました。効くかな?

こちらもあわせてどうぞ

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.5

ニットのお直し◆セーターの穴をかわいく補修するダーニング

セーターなどの大事にしているニットに破れを見つけるとがっくりきますよね。以前なら 穴の小さいうちに裏からつまんだり、似たような色の糸を探…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る