リメイク★古びたスカートの裏地➡︎ガーゼの素朴なスカート


今日はボロボロの薄汚れたスカートをリメイクします。実はこれ泊まりに来た友人が置いていったもの。こんなものまでリメイクしたくなる自分がいやになる。でもこのスカート、ガーゼの素材とレースが結構好みなんです。

スポンサーリンク

 

素材の好きなもの気に入ったものは、古くなっても汚くても捨てられない。仕方がないのでなるべく捨てないでリメイク出来ないかと頭をひねります。

 

はじめはなかなかピンとこなくて良いイメージがわかなくても、とにかく少しずつ手を動かしてみる。思いっきり切るのが怖かったら、少しだけ切って様子を見てみる。

 

そんなことを繰り返しているうちに、あっこれいい!これがここにぴったり!なんて偶然とも思えぬ瞬間がひょいっと現れて、ああ、快感!なんです。

 

今回は元々のデザインはあまり好きじゃなかったんですが、生成りのガーゼの素朴さが素敵で、何かにならないかなぁと考えました。

image

 

ふわりとしたブラウスもいいなぁと思ったんですが、かなり汚れてまして洗濯しても落ちません。それでさすがにトップスは無理。

 

スカートをめくってみると、裏布としてもう一枚同じガーゼのスカートが付いています。そしてこれはきれい!そこでこの裏地を表に使い、薄汚れた表地のできるだけきれいなところを裏にすることにします。

image

まずはウエストベルトをはずし、2枚のスカートをバラバラにします。

image

裏と表、スカートの形が合うように切ります。うまく合わない時は、別の布を持ってきてジグザグミシンで切り貼りしちゃいましょう。

今回は表地のスカートについていた花やフリルを取って、三角のところにレースをはめ込みました。裾は切って短くします。

imageimage

 

写真左が表地から作った裏用スカート、写真右が裏地から作った表用スカート。ややこしや〜

image

これを重ねて、はじめに外したニットベルトを縫い付けます。

image

がその前に、後で紐を通すためのひも通し穴をあけて、ボタンホールステッチできれいにしておきます。

image

 

ウエストを中表に縫い付け、折り返してまつり縫いします。

image

image

ウエスト布を付けたら、ひも通し穴を挟んで二本ミシンをかけ紐通しを作ります。

image

スカートはこれで完成。

スポンサーリンク

 

今度は紐を作ります。用意するのはタコ糸
image

欲しい長さプラス20cm程のタコ糸を6本切ります。

image

端を固定し、二つに分けた紐をそれぞれ同じ方向に強くねじります。それを合わせて手を離すと、、、あらあら不思議クルンと糸と糸が絡まってねじれて一本のロープになりました。

image image

これを紐通し穴に通したら完成です。

image

とっても軽くて素朴なスカートができました。

ちょっとアンダースカートに見えなくもないけど、、、

しばらく履いてみて周りの感想を聞いてみます。

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.7

デニムリメイク◆ジーンズの裾利用とっても簡単ポシェット

お正月に姪が小さな子供を連れて帰省しました。その子にプレゼントしようと小さなお人形を作り、ついでにお人形を入れて持ち歩くポシェットを作…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る