お直し

学生服やスーツのズボンのウエストがきつい時、自分で簡単にできるお直しのやり方

投稿日:


パンツのサイズ直しなんて難しそう、自分では無理〜、なんて思ってませんか?

実は私も昔はそう思ってました。でも制服やスーツなどのきちんと作られたズボンは、実は簡単にサイズを変えられるんですよ。

今日はそのやり方をご紹介します。

 

◆制服ズボンのウエスト出しは簡単!

チノパンやジーンズなどのカジュアルパンツの方が自分で気軽に直せそうな気がしませんか?

 

ところが違うんですよ。

実際はこちらはウエストベルトを付け替えないといけないのでとっても大変なんです。

 

けれどスーツや制服のズボンははじめからサイズ直しを想定して、ベルトも一緒にマチを裏側に縫いこんであるんです。つまりそこをほどけばサイズを大きくできるんです!

 

なんて親切なんでしょうね。そう簡単に買い換えるものではないので本当に助かります。これを知った時はお見事!っていう感じでした。

 

◆ウエスト出しの方法

それでは順に説明していきます。

 

これは制服ズボンの後ろ側です。真ん中に縦に継ぎ目があるのがわかりますか?

 

下の赤い線のところです。お尻の縫い目から繋がっています。これを縫いなおして縫代の幅を変えれば5cm位は太くしたり細くしたりできるんですよ。

 

1.まずは裏返して縫代に被せてある見返しを開くんですが、いろいろと縫い付けられていて開けません。

ベルト通し(赤丸)と、ベルトと縫い付けてあるところ(赤線)のミシン目をほどきます。

 

見返しを開けるところまで開いて、スキマにハサミを入れて糸を切っていきます。布を切らないように注意して下さいね。

 

見返しが開けました。

 

2.開いてある縫代をたてて2枚重ねにしてアイロンをかけます。

 

3.広げたい(狭めたい)幅の半分の寸法を測って印をつけます。

真ん中がもともと縫ってある線です。ウエストを3cm広げたいならベルトの位置で1.5cm外側に印をつけ(赤い線)、そのままなだらかに下がっていき30cm程で元々の縫い目と重ねます。お尻は力がかかるので同じところをもう一度重ねて縫います。

* ウエストを3cm狭める場合は反対に内側に1.5cm入ったところに線を引きます。(青線)

 

4.線を引いたところを見返しからまっすぐ続けて縫います。その後元あった縫い目をほどきます。

 

5.縫代を割ってアイロンをかけます。表からかける時は必ず当て布をして強く押さえすぎないように注意。スチームを使うと良いです。

 

6.見返しを元のように折って、ズボンと見返しをまち針で止めます。

 

7.ベルトの下なるべくぎりぎりのところにミシンをかけます。

 

8.ベルト通しをだいたい元あった位置につけたら完成です。手で縫い付けました。

 

 

こうやって言葉で解説すると大変そうなんですが、簡単に言えば、見返しを開いて、お尻の線を縫いなおして、もう一回見返しを元に戻すだけ。

手縫いでもお尻の線を細く返し縫いて丁寧に縫えばできますよ。ぜひ挑戦してみてください。

 

◆ズボンを買い換えるなら

卒業まであと一年、いえ半年なのにズボン破いちゃった!とか本当に嫌ですよね。うちもやられました。そんな時はまず周りの人にたずねてみると意外に残っている場合もあります。

 

それでもダメな時は格安ズボン。あと少しなんとか持てば大丈夫。今時の商品そんな悪くないですよ。高いズボン1本を毎日はくより、安いズボンを交互に履いた方が結局綺麗なんじゃないかという気もします。

 

こちら⬇︎送料込みで調べた中では一番安かったです。口コミもまずまずで少し色目が薄いかな、、、という意見もありますがすごく気になるほどではないようです。必要な方はのぞいてみてください。

 

 

裾上げの仕方はこちらをどうぞ

パンツの裾上げは自分で♪つっぱらずにきれいにする方法と裾上げテープ の使い方

息子の学生服を買い換えました。 学校指定のお店は割高なので通販で買いました。 裾上げサービスもあるのですが、もしサイズが合わなかったり、裾上げ寸法が合わなかったりしたら交換できなくなってしまうので、家 ...

続きを見る

 

ウエストがきつくなったズボンの簡単な直し方はこちら

パンツ・スカートのウエストがきついとき◆簡単アジャスターの作り方

久しぶりにはいてみたらウエストのボタンがしまらなくなってて、あらら、なんてことよくありますよね。今日はズボンやスカートを簡単に履けるようにするアジャスターを手作りしてみます。

続きを見る

 

 

素敵な布と手芸グッズはこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かや

かや

物を作るのが好きです。捨てずに、大事に繕いながら使い切る暮らしにあこがれて、縫ったり貼ったりいつもごそごそなにか作っています。オシャレとは程遠いですが、よかったらのぞきに来てください。 昭和な暮らしが好きな50代主婦、夫と中高生の子供2人、猫2匹との田舎暮らしです。

-お直し
-, , , ,

Copyright© つれづれリメイク日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.