お直し

制服のプリーツスカートを短くする方法◆きれいな裾上げのコツ

投稿日:

学校の制服って、昔に比べてどんどん可愛くなってきていますけれど、なぜか相変わらずスカートはプリーツが多いですね。

 

動きやすいからだろうとは思うのですが、お直しをするにはちょっと厄介なスカートです。

 

プリーツのないスカートに比べたら確かに面倒なのですが、でも自宅で直せないわけではないんです。

 

今回は簡単な方法から上級者向けまで、自宅でできるプリーツスカートの長さを変える方法をいろいろご紹介したいと思います。

 

スカートを短くする方法いろいろ

 

スカートを短くする方法を考えると、たぶん次の3パターンになると思います。

1.切らずに折る

2.切る(裾で)

3.切る(ウエストで)

上が優しくて下へ行くほど難しくなります。

これを順番に説明していきますね。

 

切らずに折って裾上げする方法

 

一番簡単なのは、おそらく女子高生がよくやっているであろうウエストでクルクル巻くとか、ベルトで締めて落ちてこないように止めるとかですね。肩ひもで釣るというのもあるかもしれません。

 

そんな簡単な方法で良いならばこちらがオススメです。当座はしのげます。

 

 

 

でも短期ならそれでもなんとかなるんでしょうが、一年二年となるとちょっとそういうわけにもいきません。

 

毎日面倒だし、第一バンザイをするとウエストが丸見えです。   そうなるとやはり切るしかなさそうです。

 

でも切るのはやはりハードルが高いと思う人も多いはず。

 

そこで何かいい方法はないかなあ~と頭をひねって考えたのが切らずに折ったところを縫ってしまう方法です。

 

こちらでご紹介していますのでよかったら見てください。

 

 

でもこれはかなり無理やりな強引な方法です。ぐるぐる巻いたり、万歳したら見えるよりましかな~くらいに思ってくださいね。

 

裾を切って裾上げする方法

 

プリーツスカートの場合、あらかじめプリーツを固定するための加工がされているので、裾を切って自分で上げてアイロンをかけても、市販品のようにピシッと筋が通りにくいです。そこで普通プロはウエストで短くします。

 

しかしウエストを切るとベルトを解き、ファスナーやポケットもつけ直さなくてはならず、かなりハードルが高く面倒です。

 

それに比べ裾で切る場合は切って上げて縫うだけなのでずっと簡単。

 

自分で裾上げする場合は、このすそを切って裾上げする方法を一番におすすめします

 

ただ一つ問題は、プリーツがきれいにしっかり固定できるかどうかです。

 

そこで今回は裾で切って裾上げをし、プリーツを固定するちょっとした工夫をしてみました。

 

裾を切って裾上げするやり方動画

 

完全手縫いの裾上げならこちらの動画をどうぞ。ミシンがなくてもできます。

 

 

裾上げの仕方の説明

 まずスカートの長さを決め、ウエストから測って印をつけます。裾から測っても多分問題ないと思いますが、元々の長さがずれているとイヤなので、念のため上から測りました。

 

チャコペンで印をつけます。

 

 裾を解いて伸ばします。 このとき脇も、さっき引いた線より少し上までほどきます。(これについては後ろで詳しく書きます)

 

先ほどつけた印から折り返し分下に印をつけハサミで切ります。 うちはもう伸ばすことがないと思うので5cmの折り返しにしました。伸ばす予定のある方はもう少し長く7〜8cmくらい取っておくと良いですね。

 

 

 

ロックミシンかジグザグミシンで切った布端を始末します。

 

 出来上がり線で折って裾をあげます。 スカートの裏側から当て布をし、スチームアイロンで優しく押さえながらアイロンをかけます。が、スチームがない場合は霧吹きでたっぷり水をかけてください。

 

 スカートの裾の織り上げがズレないようにプリーツごとに待ち針を打ちます。

 

まつり縫いで止めていきますが、この時いくつか方法を動画でご紹介します。

★流しまつり縫い(一番簡単で一般的)

 

★奥まつり縫い(縫い目がきれい)

 

★ミシンでまつり縫い(簡単できれい!)

ミシンのまつり縫いを私も始めてやってみましたが、とっても簡単できれいでビックリ!おすすめします。

 

脇の始末   (上で書いた脇の始末です)

裾を切って裾上げしてまつり縫いまですんだら、さっきほどいた脇を縫い合わせます。

 

角を三角に織り込み

 

たたんでミシンをかけます。 脇はロックかジグザグをかけます。
このように裾をまつってから脇を縫い合わせることでプリーツがきれいに出ます。

 

ヒダを一本一本、当て布をしてアイロンをかけます。 このときこんな液を使ってみました。

 

どれくらい効果があるかはしばらく履いてみないとわかりませんが、良いというものは全部やってみます(^▽^)

 

アイロンが大事!!

プリーツスカートのお直しでは縫い方も大事ですが、同じくらい大事なのがアイロン!

いくらきれいに縫えてもアイロンで失敗するとピカピカ光った残念なスカートになってしまいます。くれぐれも用心してくださいね。

 

制服にアイロンをかける時のポイント

  1. 必ず当て布をする。
  2. スチームアイロンの蒸気を効かせる。
  3. アイロンを少し浮かせてやさしくかける。

 

こちらのサイトに制服のアイロンのかけ方が詳しく出ています。参考にされて下さい。

 

ウエストを切って裾上げする方法

さて、最後は一番難しいウエストを切る方法です。

途中で投げ出すわけにはいきませんので、こちらは縫うことに慣れた方におすすめします。

 

でも普段からミシンで縫い物などされていらっしゃる方ならやり方を見ればできると思います。

 

こちらに動画付きでご紹介していますのでぜひチャレンジしてみてください♪

 

プリーツをきれいに出す裏ワザ

プリーツスカートのプリーツをきれいに保つ裏ワザを一つご紹介します。

 

プリーツの裏に出る方の山に浅〜くミシンをかけます。折り上げてあるところだけで大丈夫。こんな感じ。

これだけのことでヒダが取れにくく、取れても洗濯しても直しやすいのです。  

何十本もあるプリーツ全部にかけるのはかなり面倒ですが、はじめにやっておくと後の楽さが全然違うと思います。

 

今回スカートの裾上げ方法をいろいろご紹介しました。

お店にもっていく前に出来そうな方法がありましたらぜひやってみてくださいね。

お役に立てましたら幸いです(^^♪

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かや

かや

物を作るのが好きです。捨てずに、大事に繕いながら使い切る暮らしにあこがれて、縫ったり貼ったりいつもごそごそなにか作っています。オシャレとは程遠いですが、よかったらのぞきに来てください。 昭和な暮らしが好きな50代主婦、夫と高校,大学の子供2人、犬1匹猫2匹との田舎暮らしです。

-お直し
-, , ,

Copyright© つれづれリメイク日和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.