IKEAのミラーを和風にリメイク◆ちょっとアンティークに


賃貸の古い一軒家に住んでいます。
以前住んでいた家は、無垢の木の床の白っぽいナチュラルな家でした。

それが築50年ほどの昭和な家に引っ越してきたので、持ってきたものがいろいろと似合いません。

そんな時我慢しなくても、はたまた買い替えなくても、ちょっと手を加えれば素敵にリメイクできますよ。

スポンサーリンク

 

上の写真の鏡、結構和風の廊下に合ってるでしょう?実はこれIKEAで買ったミラーです。確か1000円もしなかったはず。メーカーは違いますがちょうどこんな感じ⬇︎でした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【壁掛けに最適な軽い鏡】ウォールミラー 90 ホワイト
価格:980円(税込、送料別) (2016/9/10時点)

 

 

以前の家では白木の壁の脱衣所にこれをかけていました。
しかし、どう見ても全体に濃茶の和風テイストの今の家には合いません。

そこで、れっつ りめいく!

これものすごく簡単です。茶色く塗った薄い木を両面テープで貼り付けてあるだけです。
はい、それだけでこんなに雰囲気が変わります。

 

この裏から見た薄い色の木がもともとの枠です。

下の真ん中についている黄緑色のものはペットボトルのふたです。鏡の角度をつけるために両面テープではってあります。

image

image

image

なるべく古い家に昔からあったような雰囲気にしたくて、そんな色に塗っています。いつもだいたい水性の木製塗料のマホガニーを使います。

 

さてこの鏡なんですが、鏡としての他に実はもう一つ重要な役割をになっています。それはなにかと言うと、、、

、、、

壁の穴隠し!

鏡をよけると大きな穴が現れるんです!

image

息子が中学の頃ふざけていて倒れこみ、大きな穴があきました。ケガをするどころかこれくらいで空いちゃうんだ〜と、別の意味でびっくりです。

 

修理を頼んだんですが、来てくれたおじちゃんが言うには、男の子はまたやるから引っ越す前にやった方がええ、ですって。まぁ商売っ気がないというか、男の子をよくわかっているというか。(その後玄関のガラス戸も自転車ごと倒れこんで破損、おじちゃん大当たり〜)

 

それで急いでこの鏡をかけたわけです。

廊下のここにかけようなんて思ってなかったんですが、かけてみてびっくり、ここにかけるために空けてくれたような位置なんですよ。結構気に入ってます (^_^)

 

こちらもあわせてどうぞ

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2018.9.21

【第2弾】手作りブラジャーの作り方〜もっと簡単になりました♪

こんにちは、かやです。 以前ご紹介した手作りブラジャーの作り方の評判がよくて、たくさんの方が作って下さり感想などくださいます。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る