ウォルドルフ人形〜パンツの型紙と作り方

ウォルドルフ人形の体が完成しました。

風邪をひくので急いでお洋服を着せてあげましょう。まずはパンツの作り方です。

スポンサーリンク

 

◆人形のパンツの作り方動画

まずは動画をご覧ください

 

◆人形のパンツの作り方

それでは順番に説明していきますね。

・型紙作り

型紙を持っている場合はそれを利用したらいいですが、ない場合は体の寸法を測って作れます。

 

おへそから背中の真ん中まで、ウエストの1/2を図ります。(0:04)

 

太もも周りを図ります

 

ウエストからパンツの長さを計ります。

 

ウエストから脚を曲げてお尻側のパンツの長さを計ります。

 

それでは寸法がわかったところでパンツの型紙を作りましょう。ウエストと太ももの寸法には2cmほどの余裕を加えます。かぼちゃパンツみたいにふわふわのパンツにしたければ余裕をたくさん加えてください。(0:20)

 

おへそから股までの長さのところでとんがりを作ります。お尻側は背中を深くします。

 

手直ししながら滑らかな線でつなぎます。

 

ウエストと裾に1.5cm、その他は0.7cmの縫い代をつけます。

 

体に合わせてみて、大きすぎるのは大丈夫ですが小さすぎる場合は少し手直ししてください。(1:52)

スポンサーリンク

 

・パンツ縫い方

型紙を写して布を切ります。裏表がある布の時は左右対称に切ってくださいね。(2:06)

 

股下を縫います。

 

ほどけないように端の始末をします。

 

人形の服の布端の始末の仕方

●ブランケットステッチなどで手縫い

●ジグザグ縫いなどミシンを使う

●ほつれ止め液を塗る
【サンコッコー・ほつれ止め液】ほつれ止めピケ

●手芸用ボンドを薄めて塗る

●透明マニュキアを塗る

 

片方を裏返して中表にして重ねます。(2:28)

 

股ぐりを縫います。

 

ウエストと裾を3つ折りします。ゴムが通せる幅にしてください。(3:01)

 

目立たないところにゴム通し口を縫い残します。

 

ゴムを入れたら可愛いパンツの完成です。

 

裾にはゴムを入れなくても可愛い♪ このパターンで普通のズボンも作れますよ。

 

 

こちらもどうぞ

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • Aoi
    • 2017年 10月 14日

    はじめまして!
    私も布人形を作っていてその関連で検索してここに辿り着きました!
    服の型紙の取り方やウォルドルフ人形の作り方の動画などとても参考になってますし大変有難いです!
    貴重な情報をアップして頂きありがとうございます!✨

    • かや
      • かや
      • 2017年 10月 17日

      Aoiさま
      コメントありがとうございます‼︎
      気づかずお返事遅くなって申し訳ありません。
      お人形仲間ですね(^_^)
      子供が小さい頃ウォルドルフ人形をたくさん作っていたのですが、最近は自己流のお人形ばかり作っていました。最近久しぶりにきちんと本を見ながら作って見たら、ウォルドルフ人形の可愛さと力強さに改めて魅せられています。記事や動画を見ていただけて本当に嬉しいです。何かわかりにくいところや、ここをもっと詳しく〜なんていうのがありましたらお気軽にご質問ください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2018.4.5

一枚の布を折るだけ一番簡単な長財布の作り方♪小銭入れもカード入れもあるよ

こんにちは、かやです♪ 以前から長財布を作りたいと思ってたのですが、なんだか細かそうで気が重くてずっと実現できていませんでした。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る