古い人形のお洋服のお直し♡漂白して真っ白きれいになりました

こんにちは、かやです。

今日はお人形のお洋服をきれいにされたお客さまのご紹介です。

あまり雰囲気を変えずに出来るだけ今のままをご希望でいらしたので、生かせるものは生かして再現してみました。

新しいお洋服を新調するのも素敵ですけれど、お洋服はそのまま変わらないけれど実はきれいになってるというのもとってもカッコいいですね。

それでは今日は作り方はありませんが、お洋服のbefore-afterをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


◆before

今回はお洋服のお直しなので、お人形はなしで服だけ送っていただきました。

送っていただいた洋服はかなり色が変わっていましたのでずいぶん昔のお人形のようです。

古い人形の洋服をわざわざお直しに出されるくらいですから、さぞ大切な想い出深いお人形なのだろうと思います。一から作るお人形とはまた違う緊張感があります。

 

他にパンツと靴下と靴を新しく作ります。

 

日に焼けて白いブラウスがかなり茶色くなっています。スカートはそれほど汚れが気にならないのでお客さまのご要望でこのまま生かします。

お客さまがご自身で洗濯をして送ってくださったのでとても助かりました。大切なお預かりものを洗濯するのはとても怖いです。

 

ワンピースに縫い付けられている襟と袖を外します。

 

レースは同じものが見つからないと思うのでなんとか生かしたい。白い布は新しいものを使います。

 

ボロボロにならないように薄い漂白剤につけます。2回でほとんどシミがわからないくらいに白くなりました!よかったー

 

スポンサーリンク

 

◆after

途中省略で(いつもながら写真の撮り忘れです(^_^;) こうなりました。

細かいほつれなども直してアイロンをかけたら見違えるようになりました。

 

こちらはパンツです。パンツのレースはまた種類が違って結構いたんでいたので新しいものをつけました。

 

靴下

 

元々の靴を写真に撮り忘れたのですが、微妙なピンク色で初めからピンクなのか、こげ茶が褪せてピンクになったのかがよくわからないので困りました。

お客さまに問い合わせたところお任せいただけたので、ここは私好みで自由にさせていただきました。

表地はこげ茶の麻布。裏は小花模様、形は元のものと同じです。

 

刺繍のお花がポイントです。胸元のお花に合わせました。

 

 

こんな形でお届けしました。

 

◆お届けして

お客さまが洋服を着せたお人形の写真を送ってくださいました!

こちらが古いお洋服

 

こちらが新しいお洋服

光の加減もありますがぴかぴかになりました!

なんだか心なしかお人形も喜んでいるみたいにみえます。

 

お届けしてからうかがったお話によると、

こちらのお人形は20年以上も昔、今は亡きお母さまに買ってもらったお人形だそうです。

引っ越しなどもあってずっと押入れにしまわれていたそうです。

それがなんと今年の初夢にこのお人形が出てきて、、、ご縁があって私のところにお直しのご依頼をくださいました!

現代のようにネットでいろいろ検索できる時代だからこそのお話ですけれど、それにしても縁って不思議で、ありがたいなぁとしみじみ思います。

愛知県からのご依頼です。

 

今回私の不手際で大変お待たせしてしまいましたが、とても喜んでくださいました。

この度は本当にありがとうございました。

今までの思い出はそのままに、これからまたお人形との思い出を積み重ねていってくださいね。

 

 

こちらもどうぞ

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.7

折りたたんで縫うだけ◆簡単ペンケース・ポーチの作り方

美術部の娘はイラストを描くのが好きで、いろんなペンを持っています。こないだまではそれを輪ゴムで束ねて持ち歩いてました。 それじゃあ…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る