パンツの裾上げは自分で♪つっぱらずにきれいにする方法と裾上げテープ の使い方


息子の学生服を買い換えました。

学校指定のお店は割高なので通販で買いました。

裾上げサービスもあるのですが、もしサイズが合わなかったり、裾上げ寸法が合わなかったりしたら交換できなくなってしまうので、家ですることにしました。

 

裾上げは自分で簡単にできますが、ひと手間加えるととってもきれいにできますよ。詳しいやり方をご紹介します。

 

スポンサーリンク


◆ズボンの裾上げのコツ

 

コツ①  裾幅を合わせる

学生ズボンって裾までドボンとまっすぐに見えませんか?実は少ーし細くなっています。背広のズボンもだいたいそうです。

 

なんの考えもなしにそのままま上げて端から縫っていくと、、、あらら、終わりの方でつっぱってしまいます!

 

上の方は太く下の方は細くなっているため折り曲げてまつろうとすると幅が違ってつっぱります。

 

ズボンの裾上げは簡単に見えて、実はきれいに仕上げるにはちょっとしたコツがいります。

あらかじめ寸法を図り幅を同じに合わせておくと、とってもきれいにできて縫うのも簡単です。

 

image

 

コツ②  アイロンをしっかりかける

アイロンをしっかりかけるのも美しく仕上げるコツです。

 

アイロンをかける時は必ず当て布をして、動かさずゆっくり押さえること。

 

そうするとズレずにシワが出ずきれいに仕上がります。

 

スポンサーリンク

 

◆裾上げの仕方

 

1.ズボンを裏返しに履いて長さを合わせます。ベルトをちゃんと締めて普段履く腰の高さで履きます。踵より5mm〜1cm上です。待ち針で印をつけておきます。

 

2.アイロンで折り目をしっかりつけます。新品のズボンがいきなりテカテカにならないように当て布を。

 

3.裾上げ幅をとって切ります。身長が伸びそうな場合は十分にとって短くしすぎないように。

うちは中学入学時155cmでした。かなり伸びそうなので15cm程残し3つ折りにしてまつりました。

高校入学の現在は177cmでまだ少し伸びそうなので今回は8cmとりました。下の写真の白い線でカット。もう絶対伸びないという場合は5cmほどでいいと思います。

image

 

4.脇の縫しろで幅を変えます。図を参照にしてください。裾上げ部分の脇を縫い直します。

image

 

裾上げ幅が少なく差があまりない時は、下図のように脇を解けないように縫い止め、そこから先を解いて開いてもOK。今回はこの方法です。

image

 

image

 

これを裾上げして、まつり縫いもしくは裾上げテープで始末すれば完成です。

 

まつり縫いをする場合はこちらをどうぞ

 

 

◆裾上げテープの使い方

 

今回はズボンを購入した時についてきた裾上げテープを使いました。

 

ただこのタイプは結構はがれます。特に中高生の制服は毎日履きよく洗濯するのですぐはがれてしまいます。剥がれるととっても汚いので手縫いが一番いいと思います。

 

でも、絶対手縫いはイヤー!って方は

こちら↓のテープはかなり粘着力が強そうです。

 

 

 

テープの白いところが接着剤になっているので、そちらを裏にして貼り付けます。

*写真の右下についている細いものは擦り切れ防止の布です。これについてはまた別に説明しますね。

 

image

 

1.裾を折り上げ、両脇の縫い目、前後のスジを合わせてマチ針で止める。

 

2.テープを水につけてよくぬらし、裾上げした境にあてる。この時絶対引っ張らない。

 

3.当て布をして少しずつ、アイロンを動かさずにゆっくり押さえる。ゆっくり数えて5秒位。

 

image

 

image

 

これで完成です。

 

さて、右下の擦り切れ予防布(正式には靴擦りというみたいです)、スーツのズボンの裾などについている時があります。

これがあるおかげでズボンの裾が擦りきれず美しく長く履けるようです。

また履いた時のシルエットも美しくなるそうなので、今回つけてみました。

 

これについてはこちらをどうぞ

その他こちらもあわせてどうぞ

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.5

ニットのお直し◆セーターの穴をかわいく補修するダーニング

セーターなどの大事にしているニットに破れを見つけるとがっくりきますよね。以前なら 穴の小さいうちに裏からつまんだり、似たような色の糸を探…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る