パンツ・スカートのウエストがきついとき◆簡単アジャスターの作り方

久しぶりにはいてみたらウエストのボタンがしまらなくなってて、あらら、なんてことよくありますよね。今日はズボンやスカートを簡単に履けるようにするアジャスターを手作りしてみます。

スポンサーリンク


もくじ

 

  1. ズボンのウエストが入らない
  2. アジャスターの作り方
  3. ブランケットステッチ動画

1.ズボンのウエストが入らない

お気に入りの洋服が着られなくなると悲しいんですが、他にも背広や制服、礼服など、お値段高めであまり買い換えたくない洋服のウエストが入らなくなったらかなりショックです。

 

それにウエストが合わなくなるのは1枚じゃすみません。あれもこれも入らない〜!ということになってしまいます。

 

こりゃ大変!とダイエットに励むとしても、すぐにウエストが縮むことは望めないので、しばらくはなんとかしなくてはなりません。

 

縫って直すのが一番いいんですが、これはすぐにはできませんし、全部のズボンやスカートをするとなるとかなり大変です。

こんな時に使えるいいものを見つけました。⬇︎こちらです。

 

 

ジーンズ用はこちら

 

 

 

でもよく見ると、、、ふっふっふっ、こりゃ作れそうだわい。 ということで作ってみました。

 

スポンサーリンク

 

2.アジャスターの作り方

これは子ども用ジーンズのウエストに入っているサイズ調整用のゴムです。これを利用します。

image

引っ張り出して切って端を3つ折り。

image

この穴ではちょっと小さいので、つながっているところをハサミで切ってひろげます。

image

切り口がほどけないように、ブランケットステッチでかがります。

image

 

ボタンをつけたら完成、もうできちゃいました。

image

左の赤い糸でブランケットステッチした穴をジーンズのボタンにかけます。そしてアジャスターについているボタンをジーンズの穴にはめます。

image

ゴムの長さにもよりますが、5cmから8cmくらいは出せそうです。ファスナーが半開きになっちゃうのが難点。しかたないのでここは上着で隠しましょう。完璧を目指すなら切ったり縫ったりして丁寧にサイズを直すしかないですけど、取り敢えずならこれではけるようになります。

 

ブランケットステッチのやり方

 

 

作りながら思ったんですがこれを使えば、マタニティ用のジーンズの代用になりそうですね。お腹がニットになったのが売ってますけど、しばらくならこれでいけそうです。

 

なんて思ったらちゃんと考えてる人がいました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マタニティ パンツ 犬印本舗 リラックスアジャスターEX
価格:2052円(税込、送料別) (2016/9/28時点)

 

 

これいいですね。薄い腹巻の上へズボンを履き、折り返してアジャスターを隠せば見えてもおかしくないです。なんてことないアイデアですが、すごいお役立ち商品です。

 

これはマタニティ用ですが、マタニティに限らずちょっとお腹の窮屈になった方にいいですね。マタニティって聞くと特に男の方なんて、えぇ〜!と思われるでしょうからもうちょっと違う商品名だといいですねぇ。でも使えると思います。

手作りアジャスターも腹巻と一緒に使用しようと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絹腹巻ハーフサイズ
価格:1580円(税込、送料別) (2016/9/29時点)

 

 

こちらも合わせてごらんください


スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2017.1.7

折りたたんで縫うだけ◆簡単ペンケース・ポーチの作り方

美術部の娘はイラストを描くのが好きで、いろんなペンを持っています。こないだまではそれを輪ゴムで束ねて持ち歩いてました。 それじゃあ…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る