おしゃれなふんどしパンツの作り方◆型紙を自分で作ってみた


こんにちは、かやです。

2年ほど前からふんどしパンツを愛用してます

 

ふ、ん、ど、し って名前にはじめは抵抗ありましたけど、一度履くとその気持ちよさったら、、、・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

もう手放せません。

 

さらに最近のふんどしパンツはですね、

これが本当にふんどしパンツ⁈と思うようなすごい進化を遂げてます。

 

ちょっと乙女すぎて恥ずかしいものもありますけど、でも見せて歩くわけじゃなし、ここぞとばかりフリフリを身に付けたい女心もわかります。

 

前々から作りたいなぁと思っていたおしゃれ系ふんどしパンツ作って見ました♪

スポンサーリンク

 


◆ふんどしパンツは気持ちいいけど

ふんどしが男性以上に女性の間で人気があるのはご存知ですか?

 

ウエストや鼠蹊部を締め付けると血行を悪くし体によくないということで、締め付けないふんどしがしばらく前から注目されています。

 

昔からあるふんどしは紐結びですけど、今のはゴムを使っているので通常のパンツみたいに簡単に脱ぎ着できます。

こんな形。

 

 

これを履くとちょっと膨らみますがパンツのように見えます。私はあまり違和感なくはいてます。

 

でも素敵かと言われると微妙かもしれない、、、イヤだ〜という人もいると思います。

 

とくにティーンエイジャーとか無理でしょうね。うちの娘も絶対作らなくていい!と言ってます。

 

ところが最近見かけるおしゃれなふんティーはちょっと違う。全然違和感なし。機能はふんどし、形はパンティでその名もふんティ!よく考えられたものです。

 


◆シルクのパンツがはきたい!

そんなふんティを娘のためにも自分のためにも作ってみたかったんです。

それも絹のパンツ!

シルクのパンツをずっとはいてみたかったんです。

 

もともとふんどしパンツは締め付けがなくて軽いんですけど、シルクのパンツの口コミに、履いているかいないかわからないくらい軽くて気持ちがいいというのがありまして、

 

なんかどんどん憧れが募っていきました。次作る時は絶対シルク!と思ってました。

 

ネットオークションでお手頃価格で絹の反物を手に入れたので早速作ってみました。

 


◆ふんどしパンティの型紙作り

自分で体のサイズを測りながら簡単な型紙を作りました。

 

8cmと書いてあるところが股下で、前に20cm、後ろに30cm、後ろ幅30cm、前幅20cm。前幅はもう少し広くてもいいかも。ここに縫い代1cmをつけます。

ゴム通し紐は幅6×100cm(縫い代込み)

 

私は普段M〜Lサイズですが、このサイズでちょうどいいです。前はおへそから3cmほど下になります。

細かいところはお好みで自分の体に合わせて調整してくださいね。

 


◆ふんどしパンティの作り方動画

 

動画でもどうぞ

 

◆ふんどしパンティの作り方説明

 

それでは順番に詳しく見ていきます。

シルクは表裏がわかりにくいので、作り方はコットンで説明しますね。

 

型紙に合わせて布を切ります。

今回古いシャツの布をリサイクルしているのでゴム通し布がつぎはぎですが、布がたくさんある場合は6×100cm で。

 

中表にして布を重ねて両サイドを縫います。

縫い代に5〜10mm幅で切り込みをいれておくと綺麗に裏返せます。くれぐれもミシン目まで切らないように注意してくださいね。

 

裏返して端にミシンをかけます。ここはかけてもかけなくてもいいです。丈夫になるかとかけてみましたが何度か洗濯してみて今のところ差はありません。

 

 

ゴム通し布を輪につなぎ、パンツの前と後ろに縫い付けます。左右の長さを均等にしてくださいね。

 

縫い代をくるりと巻き込んで裏側に折り込み、アイロンをかけてから縫います。

 

こうなりました。

 

この時ゴム通し口を縫い残します。

 

ゴムを入れて完成です。

 

さてさて、これを憧れのシルクで作るとこうなりました‼︎

 

前と背中側にゴムを入れずに脇だけ入れるとこんな感じで、形としてはこちらの方がパンティらしい(*´∀`*)

 

でもこちらはゴムを縫い付けてあるので変えられません。

 

スポンサーリンク

◆作ってみて、履いてみての感想

シルクのふんどしパンティ〜♡♡♡

本当に軽いこと軽いこと

これうっかり脱げても気づかないかもしれない、、、、

スカートの時は要注意のパンツです。

 

 

自分の体に合わせながらふんどしパンティを作ってみて、パンツって意外に布がなくて大丈夫ってことを発見!

 

お尻側もあんまり幅があるともたつきます。Tバックがあるくらいだからほとんどなくても履くのに問題はないのですよ。

 

大きさによるサイズの違いはパンツの深さとゴム通し紐の長さの違いだけでいい気がします。

 

ゴム通し紐の長さは今履いているパンツのウエストを目一杯広げて長さを測るといいですよ。

 

型紙をとったら自分の体に当てて良い長さを見つけて下さいね。


◆パンツに赤がおすすめの理由

ここからはちょっとおまけのお話。

 

チャクラってご存知ですか?

 

聞いたことはありますよね。チャクラは気(エネルギー)の出入りできる場所です。

 

肛門のあたりには生命のエネルギーに関係する第一チャクラがありまして、ここを活性化させると元気ややる気が出るそうです。

 

全部で7つあるチャクラのうち、一番基本となる第一チャクラの位置が肛門のあたり、つまりパンツの位置です。

 

そしてこの第一チャクラを活性化する色が赤なんです。

チャクラについてよく知らなくても、赤パンツをはくと温まる、健康になるという話はよく聞きますよね。それです。

 

ちなみに赤パンツに抵抗のある方はできるだけそれに近い色、明るい色の下着をつけた方がいいそうですよ。なければ白を。

 

グレーや黒などの寒色を身に付けていると自覚するしないにかかわらず体が冷え気分が落ち込むそうですよ。

 

今回買った反物は真っ白だったので草木染めで赤系にしてみました。こちらをどうぞ。

 

 

ところでやっと作ったステキなパンティを娘に見せたら、、、

、、、

やっぱりイヤだって!

がっくり。

 

 

今はおしゃれなふんどしパンツがたくさん出ていますのでいろいろ探してみてください。⬇︎こちらなんて本当に普通で可愛い♡

 

布ナプキン 華布〜hanafu〜
華布さんはオーガニックコットンの布ナプキンのお店ですが、ふんどしパンツも作られています。

 

こちらのヘンプのふんどしパンツもちょっと気になってます。シルクのスベスベ軽やかな履き心地に比べてどうなんでしょう。こちらもサラッと気持ち良さそうです。

 

作られてもよし、試しに買われてもよし、使われた方は感想など教えていただけると嬉しいです。

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ぴら
    • 2018年 8月 16日

    始めまして。

    足の付け根(ソケイブ)が痛く気持ち悪いと思っていた所此処のHPを発見。
    使い道の思いつかなかったダブルガーゼで作ってみました。
    ダブルガーゼって一応二枚がくっついているので裏返して縫うわけに行かず、縫い代分二枚を剥がして表から仮止めしてミシン縫いしました。

    涼しいし楽ですねぇ。
    お腹が出てるので次はもう少し前の丈を長くして作って見ます。後何枚作ろうかな?
    ウエストももう少し長くしようかな・・・(私がでぶってことがばれる?)

    わかりやすい型紙・縫い方、本当にありがとうございました。
    他にも作ってみたいものがいっぱいで素敵なHPですね。

    • かや
      • かや
      • 2018年 8月 21日

      ぴらさま
      コメントありがとうございます!
      お役にたてて嬉しいです。

      人それぞれお尻の大きさ、形違いますから、どんどん自分に合わせて作り変えてくださいね。
      世界に一つの一番履きやすいパンツが簡単に作れるなんて最高ですね♪

      ダブルガーゼ大変でしたね!軽くて気持ちいいふんティができたことでしょう。
      ダブルガーゼは柔らかいので、普通に1枚としてもう一枚薄手の布と合わせてもさほど厚くならずにいけますよ。

      共布でブラジャーも作られると可愛くてテンション上がりますよ。夏は涼しくて重宝しています。お試しくださいませ。

        • ぴら
        • 2018年 9月 02日

        ブラジャーは・・・どうなのでしょう?かやさんのおっしゃる?な胸なんです。

        それよりもウォルドルフ人形に目覚めてしまいそうです。
        今まで人形って怖いと思っていたのですが加齢の所為か愛おしいと思ってしまいました。
        子育てにシュタイナー教育多少はまったのですが、あの頃はまだ紹介されて居なかったようです。
        手始めに図書館で本を借りてきました。

        物置に使ってない電気釜が有ったので昨日ニンニクを5キロ注文してしまいました。
        実行が多くて書きこめないのですがブログ楽しみにしています。

        • かや
          • かや
          • 2018年 9月 03日

          ぴらさま
          コメントありがとうございます!
          私もお人形が怖いと言うお気持ちよくわかります。
          きれいすぎるお人形とか日本人形とかはちょっと苦手です。たぶん人形が好きと言うより子供が喜んでくれるのが嬉しくて、作るのが好きなのですね。
          ぜひ挑戦してみてくださいね。

          にんにく5kmはすごいですね!
          と言う私も現在3回目の保温中です。いつもは手を加えず丸のまま放り込んでいるのですが、3回目はバラしたら3kgはいりました。合計7kgの黒にんにくです!といってもついあげてしまうのでどんどん無くなります!簡単なのにすごく喜ばれるのでいい手土産になります。

    • とて
    • 2018年 4月 07日

    はじめまして、こんにちは!
    以前から手作り下着に興味があり、先日フンティの存在を知り、今日つくってみたい!と思ったところかやさんのサイトに辿り着きました♥
    製図を参考にさせていただき、自分に合わせながらひもパン風に作ったところ、初めてにしてはいい感じのフンティができました(*^_^*)数字でわかりやすくかかれていて、製図しやすかったです!
    人様のフンティを履いたことがないので、こんな感じでいいのかな?とはてなマークではありますが...。笑

    勝手ながらお世話になりました~(*^_^*)♪

    • かや
      • かや
      • 2018年 4月 11日

      ご覧くださりありがとうございます!
      一応型紙らしきものを載せていますが大ざっぱなものです。
      少しずつご自分の体に合わせてお気に入りの形に変えていってくださいね。
      ちなみに私の最近のパンツは、型紙よりもう少し前の幅を広げています。ほぼ後ろと同じくらいの寸法です。
      もう少し包まれている安心感が増します。お好みでお試しください♪

      • フウコ
      • 2018年 8月 25日

      初めまして!こんにちは。
      フンパンに興味があり、今作りたくて仕方ありません。
      調べていたところ、かや様のブログにたどり着き、動画付きで分かりやすく、益々作りたい欲がわいてきました!!
      絹の反物があり、それを使って作りたいと思ってるのですが、絹の扱いが分からず困っています。どうやらかなりデリケートな素材のようで、果たして私に扱えるのかと不安もありますが、かや様もシルクで作られており、勝手に心強く思っております。作る前の布はシルクの場合は何もしないでよいのか?と、ショーツなので、毎回洗わないといけないのですが、作った後、洗濯はどうすればいいのか?よかったら教えていただきたいです!

      • かや
        • かや
        • 2018年 8月 28日

        フウコ様
        コメントありがとうございます。気づかずお返事遅れまして申し訳ありません。
        シルクと聞くと身構えてしまいますよね。家で洗ってはいけないとか、水洗いすると縮むとか、、、私も初めはおっかなびっくりでした。でも今では他の布と同じように扱い洗濯機で洗っています。特別なことはしていません。
        おそらく着物やお洋服ではシルクの光沢や艶をいつまでもそのまま残すために丁寧に扱わないといけないのだと思いますよ。でも私は肌着にそこを求めていないので気にせずに洗っています。光沢はなくなりますが履き心地は変わらず破れたりもしません。
        そして不思議と縮んだ感じもありません。洗濯しても表布の綿と裏布のシルクがずれていません。でも縮む場合もあると思いますので布を切る前に表布と両方を一度水通しされると安心ですね。
        私は面倒でいつもそのまま作ってしまいます。試しにやってみたら問題がなくて今まで来ています。ただし正式なシルクの扱い方ではありませんので自己責任でお願いいたします。
        こちらのパンツ数枚をローテーションして1年以上は十分に持つと思いますよ。
        素敵なパンツ作られてくださいね♪

  1. 2018年 8月 23日

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.1.19

自分でジーンズをリペアする方法★膝の破れにミシンと手縫いワッペン

ジーンズ大好きです。お気に入りであればあるほど履いて履いて擦り切れてしまいます。でも破れるほどに履き込んだジーンズって、もう体の一部のよ…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る