布製手帳カバー裏地付きの作り方◆イラストで簡単説明

こんにちは、かやです。

新年明けて早くも6日目です。

のんびりしてたらご挨拶が遅れてしまいました。

本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

さて年末に手帳のご紹介をしまして、年も明けはりきって使い始めています。

せっかくなのでオリジナルのマイカバーを作りました。

裏地付きのとっても簡単な作り方をご紹介します。

サイズは変えられません。手帳や日記帳、大事にしている大切な本にぴったりのカバーをどうぞ

スポンサーリンク

 


◆手帳カバーの作り方動画

 

動画でもどうぞ(約2分)

 


◆作り方イラスト説明

 

手帳を開いたサイズを測ります。

 

図を参考に布を切って下さい。折返しの幅は縫い代を含めて今回は7cmですがお好みで。

 

裏布は高さだけ縫い代をつけて幅は本と同サイズ。少し短めでも大丈夫。

 

はじめに両端を折って縫っておきます。

 

折返し分を内側に折ります。

寸法は測ってありますが、もう一度手帳にかぶせて折ってマチ針をうつと、よりぴったりのカバーになります。

 

その上へ裏布を裏返して重ねて、上下を縫います。

 

横が空いているのでそこから裏返します。

 

ぴしっとアイロンをかけたら完成!

裏がきれいです。折返し部分は一重なのでかさばりません。

 

スポンサーリンク

◆応用編〜表布を可愛くする

作り方は基本と同じですが、表布をはじめに自分好みに可愛くしておきます。

 

写真は上のピンクが裏布

下の3枚の布をつないでつなぎ目にレースをつけます。

 

布がうすい時は裏に接着芯を貼っておきます。

 

つないで1枚の表布になりました。

ミシンで縫いましたがボンドでもいいかも。シールのついたレースを貼ればわかりません。

 

後はイラストの基本の作り方と同じです。

イラストで書き忘れましたが、裏返す前に角を少し切っておくとゴロゴロしません。

 

完成品、表側

 

裏側

 

ぴったりのカバーができました。

 


◆応用編〜ほぼ日風ペン差しをつける

ほぼ日手帳カバーのペン差しを見た時、なるほど!とそのアイデアに感心しました。

 

今回自分の手帳に真似をしてつけてみました。

どうなるかなーと不安でしたが、なかなかいい感じにできましたよ♪

 

 

こちらはペン差しを付けるために型紙が少し基本と変わります。

こちらをどうぞ

 

私の使っている手帳についてはこちらの記事をどうぞ、とっても使いやすいですよ♪

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2018.2.10

ミシン選びに迷う時◆いろいろな機能と初心者が選ぶ時のポイント

こんにちは、かやです。 先日、ミシンを買い換えたいのだけれどおすすめのミシンってありますか?と質問をいただきました。 実は私も丁…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る