お直し

プリーツスカート(制服) のウエストが小さい時のびっくりな直し方

投稿日:


娘はこの春小学校を卒業します。6年間あっという間ですね。中学の制服はわりとキレイなお古をいただいたので、それでよしと安心していたのですが、、、スカートが入りません!

 

 

スカートが入らない

少し前にお古の中学の制服をいただきました。かなりきれいですし、身長170cmもある女の子が着ていたので、中学ではこれを着せればいいと安心していました。そして先日、初めて試着させてみたところ、、、

 

上は余裕で大丈夫なんですが、下が、、、スカートのファスナーが、、、上がりません!

 

確かにここ1年、よく食べるようになりました。口を開けば「なんか食べるものなーい?」です。そしてホッペとお尻がまるまるしてきたなぁと思っていたのですが、、、

 

ホックを付け替える程度の話ではなく、ファスナーが全く上がりません。スカートがつっぱっています。計ってみたらスカートのサイズより6cmもウエストが大きい!

 

実は卒業式用のスーツもいただいたのですが、やはりこちらもウエストが入りません。 今まで自分が大きいとか太めとか、全く思っていなかったもので、今回これにはかなりなショックを受けたようです。

 

本人は、入学まで1ヶ月と少し、走ってやせる!と言ってますが、骨太ガッシリ体型の娘のウエストが、一ヶ月で6cmも細くなるとは残念ながら思えません。なんとかしなければー

 

買うか直すか

 

新品を調べたらスカート1枚10000円以上しています。制服はなぜか3着もいただきました(そしてどれもウエストが入らない)。3枚もあるのに買うのはなんだかしゃくにさわります。

そこで中古を調べてみました。あるにはあるのですが意外にお高いのです。特に娘のように普通サイズより大きいものは、中古で5000円、6000円としています。これなら新品を買った方がいい。

 

はじめはプリーツスカートの幅出しなんて考えもしなかったのですが、悩んでいるうちにできるかもしれないと思い始めました。あそこをああしてこうして、、、

 

私は裁縫は好きですが、専門的に習ったことはありません。でも、計画立てて、定規で測って、普通にミシンが使えればきっとできるはず!出来そうな気がしてきました。

 

スカートのウエスト広げる計画

 

1枚スカートをつぶして、そこからプリーツを切り取り、もう一枚のスカートに足して幅を出すことにします。こんな感じです。

imageimageimage

 

継ぐ位置を下側のひだの折れ目で取ると目立ちません。縫い代の位置をプリーツの下側にそろえるため、ひだをひと山切り取ります。はめ込むプリーツはその分、増やす寸法よりひと山増やして切ります。この時よく考えて下さいね。切りすぎて布が足りないとまたやり直しになってしまいます。

image

 

ベルトを全部変えようか迷いましたが、手間を減らす為に付け足すことにします。接着ベルト芯で元のベルトを挟むように延長します。

image

 

ベルト布も継ぎ足して延長します。

image

 

 

実際のお直し

 

少し丈の違う2枚のスカート。短いスカートに長いスカートから切ったひだをはめ込みます。

image

 

ウエストを少しほどく

image

 

スカートを白い線のところで切り開く

image

 

image

 

image

 

布を継ぎ足しますが、その前に継ぎ足す部分とスカートの長さを合わせておきます。長さが長ければ短くし、足りない場合は残り布からとって足し、端をほどけないように処理して裾上げもしておきます。

 

縫い合わせてから後で裾を上げると、ごろごろしてプリーツがうまく出ません。ここはスカートの初めからあるつなぎ目を参照してください。ファスナーの下の方です。表に出ないように斜めに折ってロックミシンがかけてあると思います。下の写真がそれです。

image

 

待ち針を打ってから継ぐ布を縫います。

 

ロックミシン、ジグザグミシンで端の始末をします。うちは無いため、縫い代を接着テープ(裾上げテープ)で挟み込んで始末。

image

 

ベルト芯を延長する

image

 

ベルト布を継ぎ足します。

imageimage

 

ベルト布でベルト芯を包んで縫います。

image

 

元通り、ホックをつけて完成!裏から見たところ

image

 

表からみたところ。左から2、3、4番目のひだが継ぎ足した部分。

image

 

なかなかうまくいきました♪

それにしてもこうしてみるとスカートのてかりが気になりますね。後になって思ったんですが、スカートを切る時てかっている部分を切り取って、別のスカートをもっと大きく切って足したらよかったんですよね。ベルトをほどく部分が少し増えるだけです。

 

あ〜あ、いいことは後になって気付きます。もしやられる方がおられましたらぜひそうしてみてください。

 

それにしても私ケチですね〜、制服くらい買おうと思えば買えるんですが(制服くらいって何を威張ってるんだ^_^;) 私も娘も(たぶん)、お古とか全く気にならないんです。逆に工夫してお金使わなかった〜!って方に喜びを感じます。

 

友人は次女で全てお下がりで育ち、それが嫌でたまらなかったそうです。自分が嫌な思いをしたから子供にはさせたくないと言って、ちょうど卒業するお姉ちゃんがいるんですが、次女には全部新品を購入しました。

 

あーそうなんだーとそれはそれで納得です。人それぞれですね。どちらがいいわけでもないので、悲しい気持ちもありません。中にはかわいそうと思う人もいるかもしれないけど、清潔できちんとしてればそれでOKだと思っています。

 

そういえば娘の入学式、並んだ後ろ姿を見た時、新品のセーラーとお古のセーラーでは少しだけ色が違いました。娘の学校の制服は襟が水色なんですが、洗濯や日焼けで少〜し色が褪せています。

 

それが、色の褪せたセーラーが結構たくさんいるんですよ。ちょっとびっくり。自分は気にしないけどピカピカの制服の中に一人くすんでたらかわいそうかな、、、と心の片隅で心配してたんですが、ぜーんぜん大丈夫でしたよ。

 

この記事がウエストが入らなくて困っているうちの娘のような方の、またそのお母さんのお役にたてれば幸いです。

 

今回とは逆にスカートのウエストが大きすぎて困っている場合はひだを切り取ります。

やり方はこちらをどうぞ

 

こちらも合わせてどうぞ

[blogcard url="https://alicialife.net/4077.html"]

[blogcard url="https://alicialife.net/7415.html"]

[blogcard url="https://alicialife.net/3243.html"]

[blogcard url="https://alicialife.net/4370.html"]

[blogcard url="https://alicialife.net/2627.html"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かや

かや

物を作るのが好きです。捨てずに、大事に繕いながら使い切る暮らしにあこがれて、縫ったり貼ったりいつもごそごそなにか作っています。オシャレとは程遠いですが、よかったらのぞきに来てください。 昭和な暮らしが好きな50代主婦、夫と中高生の子供2人、猫2匹との田舎暮らしです。

-お直し
-,

Copyright© つれづれリメイク日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.