制服スカートのウエストが大きい時のきれいな直し方

こんにちは、かやです。

制服のスカートのお直し記事をいくつか書いていたら、大きすぎるウエストをなんとかしたいという質問をたくさんいただきました。

 

中学入学の際、成長すると思ってかなり大きく作ったら、意外に伸びなくてウエスト周りも長さもブカブカという場合が多いみたいです。

 

後いただきものの場合とかですね。

うちの娘もお古の制服をいただいたのですが、うちの場合はこの逆で小さすぎて入りませんでしたー

それで小さすぎる2枚のスカートを合わせて1枚のスカートにしました。全然問題なくはけましたよ。

 

今日は大きすぎる場合のお直しをやってみました。

スポンサーリンク

 

◆金具の位置を変える

少し大きいだけなら金具の位置を変えるだけで大丈夫です。

少し内側につけ直しましょう。

下のような三段タイプなら微調整ができていいですね。

 

 

◆幅を切って本格的にお直し動画

あまりにも大きい場合はスカートを切る方法もあります。

この場合はプリーツ単位で切り取ります。

プリーツ幅が3cmなら、1つ取ったら3cm、2つ取ったら6cm細くなります。

 

動画でもどうぞ

 

◆詳しい説明

では写真で順番に説明していきます。

ポケットの付いていない後ろ側の二番目のひだを取ります。

端の方がウエストベルトをたくさん解かなくていいので楽です。

二つとる場合なら二番めと三番めを取ります。

 

ホックを取ります

 

ミシン目を解いてベルトを外します

 

中のミシン目もほどきます

 

切り取りたいひだより一つ分多くベルトをほどきます

 

プリーツを開いてチャコペンで写真のように線を引きます。

1cmは縫い代です。

ここ縫い代をつけること忘れないでくださいね!

 

ハサミで切ります。すそは曲げたまま切ります。

 

 

切り取った端と端を中表に合わせて、プリーツの線に合わせてマチ針を打ちます。

 

プリーツの線の2mm外側にしつけをかけます。

 

プリーツの線の上をミシンで縫います。

 

わかりやすいように白糸で縫っていますが実際は黒や紺で縫ってください。すそは曲げたまま縫い合わせます。

 

縫い合わせた端をジグザグミシンで縫います。

スポンサーリンク

 

裾を三角に織り込んで

 

ジグザグミシンをかけます。

 

 

ウエストのプリーツを折りたたんでミシンで縫います

 

スカートとベルトを元どおりに重ねてマチ針を横に打ちます

 

この状態でベルトを戻してきれいになるか確認してください。

 

確認したら縫いやすいようにマチ針を縦に止めて横の待ち針を抜いてからミシンで縫います

 

縫ったらベルトで包み待ち針で止めます。

 

表からマチ針を打ち、裏ベルトの端をすくっていることを確認します。(赤い線のところ)

 

 

ベルトとマチ針の隙間をミシンで縫います。

 

手縫いの場合は裏をまつります。

 

スカートが短くなった分ベルトが余ります。ここもまつります。

 

きれいに縫えました。

 

◆きれいなホックの付け方

せっかくなのでホックをきれいに付け直しました。

やり方はこちらの動画をどうぞ

 

かぶせる方のホックを付けたら、そこから欲しいサイズを測ります。

 

今回は67cmにマチ針で印をつけます。

 

外側にホックの受けをつけます。

 

スナップもつけると落ち着きます。

 

書くと大変そうですがベルトを少ししか解かないのでそんなに大変ではないと思います。

ポイントはスカートを切る位置。縫い代を忘れずにつけてください。ここ間違えると大変なので何度も確認してくださいね。

 

スカートが細すぎて入らない場合は今回の逆で、もう1枚同じようなスカートからプリーツを切り取って挟み込みます。この場合はベルトの長さが足りなくなるのでここも継ぎ足します。

詳しくはこちらをどうぞ

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.11.7

よくわかるブランケットステッチのやり方◆縫い始め縫い終わり糸替え

ブランケットステッチって数ある刺繍のステッチの中でも、3本の指に入るくらいよく使われるステッチだと思います。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る