はんどめいど きほん

基本縫い3つ/なみ縫い/本返し縫い/半返し縫い【手芸初心者さん応援!】手縫いのきほん

投稿日:

こんにちは、かやです。

今日は手縫いの一番基本になる縫い方3つ、おさらいします。

基本とはいえ、これを知っていればほとんどのものがつくれます。ミシンでいえば直線縫いです。

なみ縫い、本返し縫い、半返し縫いの3つ、初心者さんは覚えてくださいね。

 

 

なみ縫い/本返し縫い/半返し縫い動画

動画でもどうぞ (2:29)

  • なみ縫い(0:04)
  • 本返し縫い(1:00)
  • 半返し縫い(1:47)

 

なみ縫い/本返し縫い/半返し縫いの使い分け

 

なみ縫い < 半返し縫い < 本返し縫い

の順で丈夫になります。

 

本返し縫い」はかなり丈夫に仕上がるので、ミシンの代用としても使えます。バッグなど力のかかるものや、よく洗濯するもの、分厚い布を合わせる時などに使うと安心です。

 

半返し縫い」は本返し縫いほど強くはなく、なみ縫いよりは丈夫です。ニットなどの伸縮性のある布や柔らかい布に向いています。

 

なみ縫い」はそれ以外の広くいろんな場面で使われます。弱そうに思われますが所々返し縫いを入れると、これもかなりしっかりとした縫い目になります。

 

なみ縫い

表裏、同じ針目で等間隔にまっすぐに縫います。

 

針を引き抜くと布がつるので

 

指でしっかりしごきます。

 

縫うところに線を引いておくときれいに縫えます。

 

長い距離を縫うときは途中ところどころ返し縫いを入れると安心です。なみ縫いだけだと糸が切れるとそこからどんどん解けますが、返し縫いがあるとそこで止まります。

 

 

 

本返し縫い

 

 

ひと目後ろに戻って針を入れ

 

ふた目進んで針を出します(今出ている糸からひと目先)

 

表はミシン目のようになります

 

裏は二重に重なった縫い目

 

半返し縫い

糸の出ているところから

 

半目後ろに戻って針をいれ

 

ひと目半先に針を出します(今出ている糸からひと目先)

 

 

 

表はなみ縫いと同じです

 

裏は半分糸が重なっています

 

 

こちらも合わせてどうぞ

no image
玉結びの簡単なやり方2つ 手縫いのきほん(動画付き)

手縫いの一番きほんの玉結びです。 ボタン付けだったり、ほころび直しだったり、ちょこちょこ手縫いの出番はありますよね。 その時、玉結びを作れなければ始まりません! 簡単そうに見えて意外に難しいのです。 ...

続きを見る

初心者のためのソーイングの基本◆道具/布/縫い方などまとめ

こんにちは、かやです。 自分にとって当たり前のようにできる事って人もできるだろうと思ってしまうんですが、実は全然違うんです。 当たり前ですけど、知ってる人には簡単にできても知らない人にとってはとっても ...

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かや

かや

物を作るのが好きです。捨てずに、大事に繕いながら使い切る暮らしにあこがれて、縫ったり貼ったりいつもごそごそなにか作っています。オシャレとは程遠いですが、よかったらのぞきに来てください。 昭和な暮らしが好きな50代主婦、夫と中高生の子供2人、猫2匹との田舎暮らしです。

-はんどめいど, きほん

Copyright© つれづれリメイク日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.