チェーンステッチのやり方と応用


チェーンステッチはとてもよく使われる基本ステッチです。

しっかりと太い線を描いたり面をうめる時にも使いやすいです。

今回はチェーンステッチのやり方と、基本のステッチを少しだけかえた応用編です。

たくさんステッチを知らなくても一つのステッチを変化させればいろいろと楽しめますよ。

スポンサーリンク

 

◆チェーンステッチ基本の縫い方

 

http://www.tezukuritown.com/lesson/embroidery/basic/howto/stitch.html

 

糸の出ているところのすぐ横にくっつけて針を入れて

 

一目すくい糸を輪にしてかけて

 

針を抜きます

 

この繰り返し、とっても簡単です。

 

◆応用編

こちらもどうぞ

 

 

チェーンの足を開くと

写真ではちょっとわかりにくいですが、ここではくっつける足の根元をわざと開いて刺します。

 

ジグザグに刺す

点を打っておくときれいにできます。

 

チェーンを線でつなぐ

針に糸を上から一回巻きます。

すぐ近くに針を刺して一目すくいます

チェーンステッチの要領でくるりと輪を作って針にかけて抜きます。

 

色を交互に刺す

針に同時に2色の糸を通します。

片方の色だけ針にかけてチェーンステッチステッチ

そのまま針をぬくともう一方の糸が少したるむのでそれを少し引っ張ります。

今度は別の色でチェーンステッチ。

 

レゼーデージーステッチ

チェーンステッチを一つだけ作って先を止めると一枚の花びらのようなステッチになります。

 

チェーンステッチ一つでもいろいろ楽しめます。

 

こちらもどうぞ

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 吉田佳織
    • 2017年 9月 20日

    こんにちは。
    チェーンステッチは刺繍するときによく私も使います。ざっくりとした感じの塗りつぶしで重宝しています。
    線でつなぐのと、色違いのははじめてみました。色違いは交互に縫っても糸が絡まったりしないのですね。不思議。

    • かや
      • かや
      • 2017年 9月 22日

      コメントありがとうございます!
      説明分かりにくくなかったですか?2色使いは頭で考えるとこんがらがりそうなのですが、実際やると割とすんなりできるんです。ただ糸をすくう時に少しコツはありますので今度もう少し丁寧に説明しますね。いつも見ていただいてありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.1.19

自分でジーンズをリペアする方法★膝の破れにミシンと手縫いワッペン

ジーンズ大好きです。お気に入りであればあるほど履いて履いて擦り切れてしまいます。でも破れるほどに履き込んだジーンズって、もう体の一部のよ…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る