ハンドメイド お直し

ジーンズのウエストを大きく広げるお直し第2弾♪金具を外して大きくウエスト出し

投稿日:

こんにちは、つれづれリメイク日和です。

きつくなって履けないジーンズのウエスト直しの第2弾です。

前回のものは切込みが少なくあまり大きなウエスト出しはできませんでした。そこで今回はもっと大きく切って大きなウエスト出しをご紹介します。

ジーンズについている金属の鋲(リベット) の外し方も合わせてご紹介します。

前回の小さいウエスト出しとの違い

前回ご紹介しました小さいウエスト出しのやり方はこちらになります。

 

前回と今回の違いは、

1.切込みを大きく入れることで大きくウエスト出しをしています。

2.そのためにはジーンズの場合、ポケットの脇についている鋲(リベット) をとる必要があります。

3.ミシンでお直しする場合のやり方です。前回の手縫いとは方法が変わりより簡単になっています。

4.より楽に履けるようにストレッチの生地を使いました。

 

動画

※動画内の型紙の寸法の出し方と縫い代が間違っています。下記の型紙が正しいものとなります。前回に引き続き重ね重ね申し訳ありません。こちらを参考にしてくださいm(__)m

写真と説明

 

1.まずは型紙を作ります

※ 赤丸⭕で囲まれたところが訂正箇所です。

 

これに縫い代をつけたものが型紙です。

 

2.次にジーンズについている金具(リベット)を外します。これがなくなればお直しはやりやすくなります。

 

3.使う道具は家にあったニッパーとペンチ。もっと良い道具があるかもしれませんが、、、
これを表側のリベットの下に挟み込んで端を折り上げます。

 

4.表側のリベットの端が少し曲がったので、裏側も差し込みやすくなります。同じようにニッパーで端を曲げました。いくつか試してみましたが裏側の金具の方が固い場合が多いようです。

 

5.ペンチで挟んでぐりぐり回しながら引っ張ります。(なかなか外れませんので気長に)

 

6.引っ張ったりひねったりしていると、パチ!と外れます。

 

7.リベットが外れたら脇から1.5㎝ほど入ったところを、ポケットが動かないように粗く縫っておきます。

 

8.脇から1㎝のところを切ります。

 

9.今回は2weyの生地を使いました。型紙通りに切ります。

 

10.周りを1cm折ってアイロンをかけます。

 

11.ジーンズの裏側、切り込みの周り1㎝入ったところに重ねて待ち針を打ちます。

 

12.粗くしつけをかけます。

 

13.端から5㎜入ったところをミシンで縫います。

 

14.表に返して

 

15.表側からも重ねてまち針をうち、

 

16.ここは端から1㎜ほどのところを縫います。

 

17.もともとリベットのあったところに何もないとポケットが破れやすくなりますので、ジグザグミシンで縫っておくとよいです。手縫いでも同じところに何度も針を入れておくといいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
かや

かや

物を作るのが好きです。捨てずに、大事に繕いながら使い切る暮らしにあこがれて、縫ったり貼ったりいつもごそごそなにか作っています。オシャレとは程遠いですが、よかったらのぞきに来てください。 昭和な暮らしが好きな50代主婦、夫と高校,大学の子供2人、犬1匹猫2匹との田舎暮らしです。

-ハンドメイド, お直し
-, , ,

Copyright© つれづれリメイク日和 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.