折りたたんで縫うだけ◆簡単ペンケース・ポーチの作り方


美術部の娘はイラストを描くのが好きで、いろんなペンを持っています。こないだまではそれを輪ゴムで束ねて持ち歩いてました。

それじゃあんまりなので、そんな娘のためにたっぷり入って出し入れしやすいペンケースを作りました。

 

スポンサーリンク

 

材料

デニム別布裏布、、ファスナー

img_9403

 

1.柄+デニム+柄と布を縫い合わせて表布を作ります。

2.表布の上にファスナーを裏返しに置き、その上に裏布を置き、縫い代0.7cmで縫います。

img_9440 img_9442

3.ファスナーのもう一方の側にも表布と裏布を重ねて縫います。

img_9449

ここはわかりにくいので絵にしてみました。

img_9445

4.表に返してアイロンをかけ、ファスナーの脇にステッチをかけます。

img_9454 img_9455

5.耳を縫います。

img_9456

6.布を折りたたんで、ファスナーの下に耳をはさみます

img_9458

こちらもわかりにくいので絵にするとこんな感じです。

img_9446

7.その上に端をくるむ布をのせて、ミシンでしっかり2度縫いします。

img_9468

この時ファスナーの金属部分をまたいでミシンを縫う場合は、針が折れる場合があるので、電動ではなく手で動かしながらゆっくりミシンをかけてください。

 

ファスナーは好みの長さにお店で直してもらうことができますが、うちはいつも長めを買ってストックしています。

ファスナーって金属部分がありますが、上から縫ったり切ったりできますよ。

img_9470

8.端を包んでミシンをかけます。

img_9472 img_9473

これを裏返すと完成です。

img_9396img_9398

娘の大事なペンがたっぷり入ります。

img_9404

 

こちらも合わせてどうぞ

 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • しのぶん
    • 2019年 1月 21日

    丁寧な説明をしていただきありがとうございます。デザインにも惹かれて早速作らせていただきました(o^^o)
    しっかりと厚みを持たせたかったので、中にフェルトを挟みましたら分厚くて縫えなくなってしまいましたf^_^;
    苦肉の策でマチに変えました。
    筆箱のサイズに先入観があったのですが、必要に応じて自由に作れば良いと教えられました。本当にありがとうございました(o^^o)

      • かや
      • 2019年 1月 24日

      しのぶん様
      コメントありがとうございます!
      色々と工夫されたのですね。フェルトの件、今回はちょっと失敗に終わりましたけど、ほかの機会にきっと生きてきますよ♪
      筆箱もポーチも作り方は同じですからいろんなものに挑戦してみてください。

    • 田中みこと
    • 2018年 4月 20日

    さっそくペンケースを作ってみました。

    裁縫をあまりしたことがないので、途中経過では、
    どのようなペンケースになるのか、想像がつきませんでしたが、

    作り方通りに縫っていったら、魔法のようにかわいらしいペンケースができて、
    とても驚きました。

    手縫いなので時間はかかりましたし、ちょっと不出来なところもありますが、
    手作り品って愛着が湧きますね。

    次も、このブログを参考に、何か作ってみますね~。
    ありがとうございました。

      • かや
      • 2018年 4月 23日

      コメントありがとうございます!
      すごい、手縫いなんですね!私はついついミシンを使ってしまうのですが、刺し子とか手縫いの素朴な作品が大好きです。愛着もひとしおですね♪
      いろいろ挑戦されてみてくださいね。
      作りたいもののリクエストなどありましたらお気軽にどうぞ〜(^-^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

ピックアップ記事

2016.9.24

制服/背広パンツのウエストがきつい時◆自分で簡単お直しのやり方

パンツのサイズ直しなんて難しそう、自分では無理〜、なんて思ってませんか? 実は私も昔はそう思ってました。でも制服やスーツなどのき…

おすすめ記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

お人形作ります

ページ上部へ戻る