まつり縫いのやり方◆スカートやズボンの裾上げに


こんにちは、かやです。

まつり縫いはいろんなところで出てくる基本の縫い方です。

よく使われるまつり縫いには2種類あります。

 

流しまつり

普通まつり縫いといえば、この流しまつりのことを言います。表から縫い目が見えにくいのでスカートやズボンの裾を曲げる時によく使います。

 

たてまつり

アップリケや名札を縫い付ける時に使います。布がしっかりついて動きません。裏に糸が斜めに出ます。

 

今日は一般的なまつり縫い(ながしまつり)のやり方をご説明します。

たてまつりのやり方をお探しの場合はこちらをどうぞ

 

スポンサーリンク


◆流しまつりの縫い方動画

 

 

◆縫い方説明

スカートやズボンの裾を3つ折りします。縁をロックミシンなどで始末してある場合は2つ折りで。

 

ズレないようにマチ針を打ちます。

 

3つ折りした裏側から針を入れて糸を出します。

 

3〜5mm先の表布を小さく(糸を1、2本)すくい

 

また3〜5mm先の折山を浅くすくって

 

糸を引きます。

 

糸が斜めに渡ります。

 

表側にはあまり糸が目立ちません。

 

流しまつりのコツ

・糸を強く引きすぎないこと

・表にでる糸を小さくすくうこと

 

 

手芸のきほんについて、こちらもどうぞ


 

スポンサーリンク
メルマガ読者さん限定の販売会、プレゼント企画中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

ピックアップ記事

2016.1.19

自分でジーンズをリペアする方法★膝の破れにミシンと手縫いワッペン

ジーンズ大好きです。お気に入りであればあるほど履いて履いて擦り切れてしまいます。でも破れるほどに履き込んだジーンズって、もう体の一部のよ…

おすすめ記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

お人形作ります

ページ上部へ戻る