100円ビーズで手作りアクセサリー♪大人も使えるラリエットの作り方

こんにちは、かやです!

気持ちのいい季節になりましたね♪

1枚2枚と上着を脱ぎ、先日はついにTシャツで日中を過ごしました。

思い立ってこれからの季節に使えそうなアクセサリーを作ってみました。 一本ひものラリエットです。

普段ほとんどアクセサリーはつけないのですが、ラリエットは気張らずにストールを巻く感覚で使いやすいです。

今日作る麻ひものラリエットならなおさらナチュラルで、カジュアルなTシャツにもぴったりですよ。

スポンサーリンク


◆ラリエット作り方動画

 


◆材料

 

ビーズ お好みで

麻ひも 1mm程の太さのしっかりしたもの

  芯になるひも 欲しい長さ+20cm

                  今回は1.5m

  編み込むひも  たっぷり余裕を持って

                  今回は10m

 

こちらダイソーのビーズです。

 

昔子ども用に買ったやっぱりダイソーのビーズも使えそうです。

 

良いひもがなかったので、帽子の縁をほどきました!

もともと縁飾りがあまり好きじゃなかったのでOK!

 

ひもは麻でなくてもなんでもいいですが、ざっくりナチュラルにしたかったら麻ひもがおすすめです。

太さも自由ですが、あまり太いとビーズの穴が通りません。

その場合はひもだけ編んで、後でビーズを縫い付けるとか、他の方法を考えてみてください。


◆詳しい作り方

 

芯になる麻ひもの先をねじって尖らせて

 

どんどんビーズを通します。穴が大きくてビーズが抜けるようなら端を止めておいてくださいね。

 

出来上がりを想像してビーズを散らばらせてみてください。

 

ビーズが通ったら、編んでいくひもと2本合わせて端をくくります。

 

今から編んでいきますが、動くと編みにくいので端をしっかりした動かないものに固定します。今回はクリップでとめました。

 

編み方は、芯になるひもは常にまっすぐ引っ張って動かしません。

 

編み込むひもを写真のように芯にするひもの上に横に渡し、

 

できた穴に後ろからくぐらせ、

スポンサーリンク

 

ひもを引っ張ります。

 

この繰り返し、きつくてもゆるくてもいいですが、同じ引っ張り具合で編むときれいに間隔がそろいます。

 

入れたいところでビーズをはさみます。

ビーズをはさむ時もやり方は同じです。

ビーズを下から上げてきて、その下でひもを編みます。

 

ビーズがずれないように強く締めます。

 

欲しい長さまで来たら切って先をくくって完成!

 

さわやかナチュラルなラリエットができました。麻ひもを使っているので子供っぽくありません。

 

少しぐらい目が歪んでても気になりませーん!

 

一本のひもなのでいろんな巻き方ができます。

 

 

端に金具をつければメガネチェーンにも良さそうですね。

お誕生日や母の日のプレゼントにいかがでしょうか。

 

いろんなビーズで色や雰囲気を変えて楽しんでみてください♪

 

 

ほどく帽子のない方はこちらもどうぞ

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.11.1

手作り布人形の作り方◆子供が喜ぶプレゼントてくてく歩くお人形

明日から11月、ハロウィンが終わると途端にクリスマスが近づいて来る気がします。 うちは子供が中高生と大きくな…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る