ニットの補修方法◆フェルティングニードルがあれば簡単


フェルティングニードルって知ってますか?フェルトで人形やマスコットを作る時に使う針なのですが、これがなかなかの優れものです。ニットのほつれや穴あきの補修が簡単にできます。

スポンサーリンク

 

 

◆フェルティングニードルってどんなの?

まずは写真を見てください。こんなのです。

image

一見ただのとんがった針に見えますが、これが違うのです。先に小さなギザギザがついていて、ニットや布に刺すと、周りの糸を引っ掛けてからめるのです。

 

ただプスプスと指しているみたいに見えるのに、どんどん糸が絡まって模様ができたり、形が変わっていく様はまるで魔法のようでとっても楽しいです。

 

 

◆100円ショップの手芸品

フェルトやニードルが100円ショップでも買えるのには本当にびっくりです。昔は手芸店にもなかったのに、、、

100円ショップに行くと、こんなものまで⁈と驚くほどなんでもそろいますね。現代のよろず屋はコンビニと100円ショップですね。気軽に挑戦できるのでこれはとってもありがたいです。

 

ただ値段以上のものを期待しない方がいいです。手芸用品もちょっと試してみたいとか、子どもの夏休みの工作には良さそうですが、使い続けようと思うと素材や使い心地の悪さにガックリくるもしばしば。

 

フェルティングニードルもしかり。見た目は変わりませんが、100円ショップのものは針のすべりが悪く抜き差ししにくい!何百何千回とチクチク抜き差しを繰り返すので、やりにくいが重なるとかなりなストレスになってきます。手芸店で買ってもそう高いものではないのでそちらがオススメです。

 

◆ニットの補修

 

をクリックすると動画でも見られます

https://drive.google.com/open?id=0BywxOr5yLhhCQ0JXZ2hSNWNVY3c

 

 

必要なもの

フェルティングニードル

スポンジや発泡スチロールなどの台、今回はタワシを使いました。(動画では専用マットを使っています)

補修に使う羊毛や毛糸。毛玉を集めたりしてもできます。

 

やり方

お気に入りのコートのニット部分にたくさん穴あきがあります。今回こちらを直します。
image image image

 

似たような色の羊毛や毛糸を用意します。ない場合は混ぜて好みの色を作ります。

imageimage
下に台になるスポンジやタワシなどを必ず当ててください。フェルトニードルで何度も刺すとどんどん固まっていきます。imageimageimage

よく見ないとわからなくなりました。

image

裏からもチクチク刺します。

image

 

別の穴あき、わざと目立つ色で模様にしてみました。

image

image

10分もかからずコートが再生しました!

 

こちらも合わせてどうぞ

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • mayumi
    • 2017年 4月 14日

    初めまして
    フェルティングニードルでニットの修理ができるなんて正に目からうろこです。
    ダ―ニングという方法も最近知ったばかりです。
    これまで目立たないように直すことしか考えていなかったのですが、こんなに簡単で楽しい方法を教えていただきありがとうございました。
    ぜひ役立てたいと思います。

    • かや
      • かや
      • 2017年 4月 18日

      コメントありがとうございます!
      隠すんじゃなくて魅せるお直しは楽しいです。貧相などころか返って素敵になりますね。素敵なお直し作られたら「お問い合わせ」からでも見せて下さーい♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.12.8

デニムリメイク◆フェルト刺繍のかわいい丸底バッグの作り方

ジーンズをリメイクする時、裾の方は平らな布として使いやすいのですが、腰回りはポケットやら金具やらいろいろついていてなかなか使いづらい。…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る