手作り布人形の作り方◆子供が喜ぶプレゼントてくてく歩くお人形


明日から11月、ハロウィンが終わると途端にクリスマスが近づいて来る気がします。

 

うちは子供が中高生と大きくなってしまい、秘密のプレゼントに頭を悩ませることもなくなりましたが、クリスマスのプレゼントはあげるのも貰うのも本当にワクワクしますね。

 

今日は子供が小さい頃にプレゼントしてとっても喜んで可愛がってくれた、てくてく歩くお人形の作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

てくてく人形との出会い

子供が小さかった頃、わらべ唄と手遊びの会に入っていました。晴れた日は公園で雨の日は先生のお宅で、わらべ唄で遊んだり木の実を集めたり絵本を読んでもらったり、のんびりとほのぼのする時間を過ごさせてもらいました。

 

ある日先生が背中に隠していた手をパッと前に出すと、そこには可愛いお人形。そしてなんとそのお人形がトコトコと歩き出したのです!それはそれは可愛らしくて本当に生きて歩いているみたいで、子供も親も釘付けです。

 

それはウォルドルフ人形や羊毛の手仕事を紹介するスウェーデンひつじの詩舎の「てくてく人形」でした。

 

人形を観察するとさほど難しい仕組みではないのですが、見れば見るほどよく考えられています。それ以来マネをして自分流に人形やぬいぐるみをてくてく歩かせては楽しむようになりました。

iてくてく人形クリスマス

このお人形をプレゼントすると本当に子供達喜びます。お人形を手にした子の顔がパッとほころんで笑顔が広がる様子は何度みても嬉しく楽しいものです。

 

てくてく人形の作り方

私の作り方は自己流なので、売っているてくてく人形の作り方とはたぶん違います。正確にお知りになりたい方はキットを買えば作り方がついてくるようです。

 

材料がそろえば半日から1日ほどで完成します。着なくなったセーターなどのリサイクルも素敵ですし、手袋が片方あれば人形のズボンと帽子が作れます。片手を落としてしまったお気に入りの手袋や、100均の手袋等を利用してもいいですね。

 

材 料

顔、手・・・・・・肌色のニット
(ない場合は白を紅茶で染めたり、古い肌着などを利用します。)

服、靴・・・・・・フェルト
ズボン、帽子・・・セーターや手袋
髪、目、口・・・・毛糸や刺繍糸

 

 

◆上半身を作る◆

1.肌色ニットに型紙を写し、底の綿入れ口を残してぐるりと縫う。

img_6707

2.多めの綿を固く巻いてボールを作り、平らに開いた綿でてるてる坊主のように包み、ニットの中に入れる。

img_6710

3.首の位置で糸でしばる。

img_6712

4.綿入れ口もまつる。

img_6714

5.洋服を作ります。

img_6715

6.脇の下を5mmの縫い代で縫い表返す。

img_6717

7.小さなニットに円を縫って、中に綿を詰めて糸で絞って止める。これが手になります。

img_6722

8.袖の中に入れて糸で止める。

img_6726

9.背中の切り込みを縫ってから服を首に縫い付ける。

img_6731

img_6735

img_6737

上半身が出来ました。

 

◆ズボンを作る◆

 1.手袋の指を2本、縫い代をつけて大きめに切る。

img_6740

2.脇を裏から縫って表返す。

img_6742

3.上着にズボンを当てて指を入れる位置を決める。

img_6743

4.印をつけたらハサミで切る。

img_6744

5.ズボンを裏返して切り口を洋服の切り込みに突っ込み

img_6748

6.上着を裏返して切り口をそろえ

img_6750

7.ぐるりと一周縫い付ける。毛糸の切り口がほどけないように巻いてかがる。

img_6754

8.ズボンを表返すと

img_6756

9.指の入るズボンが完成!

img_6759 img_6762

10.靴を作ります。

img_6763

11.かかとから巻きかがりでぐるりと縫い

img_6764

12.カーブの終わるところで縫い止め

img_6765

13.綿をいれる。

img_6770

14.縫いやすいように棒を足に入れ

img_6771

15.靴を縫い付ける。

img_6772 img_6773

16.鈴をつけると歩く時に鳴って可愛いです。

img_6779

てくてく人形の体が完済しました。

img_6781

 

 

◆顔と完成まで◆

1.ズボンを作った残りの手袋から帽子を作ります。

img_6785

2.頭の大きさに合わせて切り

img_6786

3.筒にして脇を縫い、かぶり口を折り返して縫い

img_6788

4.表に返し、てっぺんを絞ってボンボンにする。

img_6789

5.髪の毛をボンドで頭につける。

img_6794

6.帽子を被せて縫い付ける

img_6798

7.後ろの見えないところから針を入れて目と口をつける

img_6802

8.洋服を刺繍やボタンなどで飾る

img_6803

9.色鉛筆でほっぺを赤くぬったら

img_6805

完成です♪

img_6806

 

img_7663

猫と遊んでます。

img_7686

 

img_7687

 

 

最近は少し作り方を変えています。こちらもどうぞ (2019.1)


こちらも見てね♪

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

2016.3.5

ニットの補修方法◆フェルティングニードルがあれば簡単

フェルティングニードルって知ってますか?フェルトで人形やマスコットを作る時に使う針なのですが、これがなかなかの優れものです。ニットのほ…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る