手作りルームシューズの型紙と作り方◆イラストでわかりやすい♪

わが家は古い昭和な家です。レトロな感じで気に入っているんですが、唯一の欠点がとにかく寒いこと。ストーブを焚いても温かいのはその周りだけです。

 

寒がりの私の部屋着はズボンの上にオーバースカートを重ね、上はセーターの上に古いダウンベストというのが定番。そして足元は手作りルームシューズ、これがなくては冬が過ごせません。

 

いつも古いフリースやセーターから作りますが、今回は新しい布でプレゼントにもできるように丁寧に作ってみました。

 

慣れると簡単なのですが、なかなか説明を読みながら作るのは大変です。少しでもわかりやすいようにイラスト説明を追加しました。(2018.1.4)

スポンサーリンク


◆ルームシューズ型紙

 

まず型紙がいりますね。本やネットの無料型紙を利用しても良いですが、私は自分の足を紙の上においてペンで書いてしまいます。

 

このやり方でわたしの25cm用も夫の28cm用も上手くできるので、大体の方に合うと思います。

 

私も夫もどちらかというと薄めの平たい足です。甲高の方は一度キッチンペーパーなどに写してマチ針を打ち合わせてみられるとよいかと思います。

 

型紙の取り方はこちらをどうぞ

 

 

◆材料

表布(好きな布)
中布(暖かい布、キルティングなど)
底布(丈夫な布、デニムなど)
芯用フェルト(100円ショップの大きいもの

 

表布から取るもの 甲型 左右1枚ずつ
中布から取るもの 甲型 左右1枚ずつ
底型 左右1枚ずつ
底布から取るもの 底型 左右1枚ずつ
フェルトから取るもの 甲型 左右1枚ずつ
底型 左右1枚ずつ
底型(縫い代なし) 左右1枚ずつ

 

布に型紙を写し切ります。縫い代は全て1cm。

甲と底がきれいに縫合わさるように合印を忘れずに写してくださいね。

img_6963

img_6964

img_6966

底の内側布用のフェルト芯が抜けています。縫い代のつかない実寸サイズです。

 

 

◆縫い方説明(イラスト)

写真の説明がわかりにくくて質問をいただいきましたので、まずはイラストで簡単に説明しますね。

 

底布は外側と内側の2枚あって、それぞれにフェルトの芯を縫い付けておきます。

外側になる方は同じ大きさで、内側になる方のフェルトは縫い代のない実寸です。

 

甲布を図のように重ねて1cmの縫い代でぬって、切り込みを入れます。

 

縫ったところを広げて、かかとを合わせて縫います。ここはほつれやすいのでしっかり2度縫いしてください。

 

表と内側の布をなじませ靴の形にして、履き口にステッチをします、

縁もずれないようにミシンをかけておきます。

 

表布を中側にして底布と重ねて、縁を1cmの縫い代で縫います。ここもしっかり2度縫い。

 

縫い代を底側に折って糸で粗く縫い止めます。

底布の縫い代も中に折り込んで靴の底にまつり縫いします。

 

裏返したら完成です!

スポンサーリンク

 

大雑把な型紙ですのでやや大きめです。

下図のようにパンツのゴムを挟み込むとより足にフィットします。(数センチのゴムの端を縫い引っ張ってもう片方の端も縫い止める)

 

◆縫い方説明(実際)

底布にフェルト芯(縫い代あり)を5mm縫い代で縫い付ける。

img_6965

 

底布(中布)の裏にもフェルト芯(縫い代なし)を5mm縫い代で縫い付ける。

img_6967

 

甲布を表布と中布を中表にして重ねその上にフェルトを重ねて、履き口を1cm縫い代で縫う。

img_7026

 

きれいに裏返せるように縫い代に切り込みを入れる。

img_6971

 

後ろをつなぎ合わせて縫う。

img_6977

 

手で縫い代を開いて表返し、マチ針で全体を止める。 img_6986

 

履き口周りと周囲を5mm縫い代で縫う。

img_6990

img_6995

 

中表にして外底(デニム)と合わせ、合印をマチ針で留める。

img_7004

img_7002

 

縫い代1cmで周りをゆっくり縫う。ズレるのが心配な場合はしつけをかけてからミシンで縫う。

img_7008

 

縫い代を底側に倒して糸で粗く縫い付ける。

img_7010

 

底の中布をフェルトに沿って縫い代を曲げながら、底にマチ針で留める。

img_7012

img_7015

 

糸でまつり縫いする。

img_7017

 

カーブがきれいに出るように丁寧に裏返す。これで完成!

img_7022

 

刺しゅうや飾りボタンなどお好みで飾ってください。

img_7024

 

img_6944

 

 

麻のルームシューズはさらっとしてはき心地がよくて、冬以外はおススメです。

 

こちらのお店は麻のカラーが豊富!

 

 

こちらはジャケットリメイクのルームブーツの作り方です。

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 先崎
    • 2018年 1月 04日

    はじめまして!母親の遺伝なのか男なのに冷え性で冬はスリッパ手放せません。DIYクラフト好きでブログ拝見させていただき型紙の作り方から参考させていただき作成いたしました!第1号見事に失敗しました!原因は色々とあるのですが一つ考えてもわからない部分があり、コメント欄から質問させて頂いております。
    かかとの縫い合わせ部分はどのようにしたら良いのでしょう?画像等難しいと思いますがもしあれば教えてください。

      • かや
      • 2018年 1月 04日

      先崎さま
      コメントありがとうございます。
      そして説明がわかりにくくて大変申し訳ありません!
      こちらの記事はだいぶ前に書いたもので、先ほど久し振りに見てみたら、、、本当にわかりにくいですね。第1作目失敗とのこと、本当にすみません。
      急いでイラストでの説明を追加してみましたがいかがでしょうか?もしまだわからないようであればおっしゃってください。
      諦めずに是非温かいルームシューズ作られてくださいね。手芸男子応援しています!

        • 先崎
        • 2018年 1月 05日

        かや様
        早速の返答ありがとうございます!
        とても良くわかりました!昨日どうやって縫おうか考えていて寝られませんでした!でも楽しいですよね!

        只今製作中です!
        うまくできそうです!また作ったらコメントします。本当にありがとうございます

          • )先崎
          • 2018年 1月 05日

          できました!が型紙が大きすぎたのと、ギリギリを縫っていたので出来上がりがかなり大きくなってしまいました!第1号のほうがあしにフィットしていたのでまた作り直しですね〜。楽しみがまた増えた感じです。

          • かや
          • 2018年 1月 06日

          先崎さま
          コメントありがとうございます。
          すごい、すごい!早速2足目を作られたなんて、そのやる気と行動力すばらしいです!
          きっとすぐにどんどん上手になられますね。
          またわからないところや、他に作り方のリクエストなどございましたらお気軽にどうぞ!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

おひなさまのタペストリー

2016.2.25

玄関をおしゃれに飾る雛人形★帯リフォーム手作り壁掛け飾り

今年は猫にいたずらされないお雛様を思案中です。昨日は素敵な折り紙のお雛様をご紹介しました。今日はそれを使って壁飾りを作ります。 (さらに…

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る