洋服の糸引き、ひっかけ直し◆アイロンだけでびっくり簡単補修


こんにちは

リメイク、人形、猫大好き、最近は猫との散歩に癒されてますかやです。

 

子どもがどこかで制服のズボンを引っ掛けてきたようで、ほつれ糸がびろんと出ています。

これ早く直さないとますますひどくなっちゃいますねー。

補修針なるもので直す方法もありますが、もっと簡単にきれいになる方法があります。

まずはこちらをお試し下さいませ。

スポンサーリンク

 

◆洋服の糸引き、ひきつれは隠す?

子どものズボンもそうですが、うちは猫がいるのでよーく洋服をひっかけられます。

なるべく猫の爪を切ることと、なるべく家でお気に入り服は着ないようにしてますが、それでも時々やられます。

糸がびろんと出て布が引きつってるのを見つけた時どうしてますか?

そのままにしとくと大変です。出っ張った糸をひっかけてますますひどいことになりがちです。

糸を中に引き込む?

針で少しずつひきつれを直す?

、、、

上手くいけばいいけど、時間をかけた割にはきれいに仕上がるとは限りません。

でもとっても簡単にきれいにわからなくする方法があるんですよ♪

 

◆道具はアイロンだけ!

こちらの動画で実際の様子をご覧になれます。

 

手順

1.ほつれがわかるように糸で印をつけておきます。

 

2.裏返してスチームをたっぷり当てます。こうすると布が柔らかく動きやすくなります。

 

3.引きつっている部分を真ん中(糸が出ているところ)に向かって左右から指でしごきます。

 

4.表返してもう一度スチームを当て、指で布目を整えます。

 

5.出ていた糸が全部布の中に戻りました! 布のひきつれもわかりません。

 

とっても簡単なのにびっくりする程綺麗になりますよ。

完全に直らなかったとしてもまずはこちらをやって、それから次に行くといいですね。

 

 

◆補修針を使う

今回はアイロンだけできれいに直りましたが、次は糸が完全にへっこまない場合。

 

もっとへっこめ!もっともっととあまり強くしごいては布を痛めてしまうのでそこはほどほどにして下さいね。

もし糸が出たまま残ってしまったら補修針というものがあると便利です。

 

 

 

使い方

https://item.rakuten.co.jp/ichikawa929/goldneedle/

こちら穴のない針でお尻側がヤスリのようにギザギザになっていて、そこに糸を絡めながら布に引き込みます。

布ものからニットやセーターの補修など一本あるととても便利です。

ただサテンや絹など目が細かく繊細な布は逆にキズを大きくする場合もありますのでご注意下さいね。

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

s-IMG_0647-crop

YouTube公式チャンネルはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ピックアップ記事

折り紙おひなさま

2017.2.16

お雛様特集◆猫がいたずらしない壁掛けお雛様、折り紙などなど

ついこの間お正月だったと思うのですが、ふと気づけばもう2月も半ば、もうすぐひな祭りです。お雛さまはいくつになっても嬉しいものですね。 …

おすすめ記事

お人形作ります

BASE SHOP

ページ上部へ戻る